ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 安心・安全 > 交通安全 > 交通死亡事故多発警報の発令基準を改正します

交通死亡事故多発警報の発令基準を改正します

平成25年5月31日(金曜日)発表

交通死亡事故多発警報の発令基準を改正します

 交通死亡事故が一定期間に集中的に発生するなど交通事故情勢が悪化した場合に、いち早く県民に交通事故への注意喚起をするとともに、県、県警察、市町村、教育委員会、道路管理者等の関係機関・団体が相互に協力しながら迅速に必要な対策を推進することにより、交通死亡事故の抑止を図るため、平成24年4月に「交通死亡事故多発警報」制度を導入しましたが、この警報制度の概ね1年間の運用状況等を踏まえ、警報の発令基準を改正します。

1 改正のポイント

(1)「ワースト順位に着目した基準」の見直し

 現行の警報発令基準において、「前年対比増加数・増加率による基準」と、「ワースト順位に着目した基準」をそれぞれ定めているが、この2つの基準を「交通事故による死者数が全国ワースト1位でワースト2位との差が10人以上、かつ、前年の同時期と比較して増加数10人以上となったとき」に改正する。

(2)「10日以内の交通事故による死者数」の見直し

 現行の警報発令基準の「10日以内の交通事故による死者数」については、「第9次愛知県交通安全計画」(平成23年度~27年度)の交通事故死者数の抑止目標の達成に向けて、段階的に設定しているが、年に関わらず「10人以上となったとき」に改正する。

2 改正理由

 警報制度を概ね1年間運用してきた中で、「ワースト1位で2位との差が10人以上」の要件に該当する場合が常態化し、本県内での交通死亡事故が多発傾向にない中でも発令要件に該当する状況を踏まえ、本県の交通事故情勢により適応した発令基準に改めるとともに、発令基準の簡素化を図る。

3 改正時期

平成25年6月1日施行

参考資料

問合せ

愛知県 県民生活部 地域安全課
交通安全グループ
担当:高原、鈴木
内線:2493、2492
電話:052-954-6177(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)