ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 畜産課 > 蜜蜂を飼育している皆様へ

蜜蜂を飼育している皆様へ

蜜蜂の飼育の届出について

 養蜂振興法が改正され、これまでは、「業」として飼育している人が届出の対象でしたが、平成25年1月1日からは、趣味の範囲で飼育している方も届出の対象となります。全ての蜜蜂を飼育している方は「蜜蜂飼育届」の提出をお願いします。
 ただし、以下に該当する場合は届出不要です。

                         記

1 届出不要の場合
(1)農作物等の花粉受精のため、数ヶ月間のみ一時的に蜜蜂を飼育する場合。
  (花粉受精のためであっても、通年飼育される場合は届出の対象となります。)

(2)密閉構造の飼育管理設備で蜜蜂を飼育する場合。
  (大学等の研究機関で、外界に蜜蜂が飛翔することがないよう飼育する場合。)

(3)自然巣洞、重箱式巣箱など、反復利用可能な巣脾(すひ)、巣枠を用いないで蜜蜂の飼育を行い、かつ蜂蜜・蜜蜂等の販売をしていない場合。(主にニホンミツバチの飼育において該当する場合有)

※同様の方法で飼育する場合であっても、蜂蜜・蜜蜂等の販売をしている場合は「業」となり届出の対象となります。
  また、県外において飼育する場合も届出の対象となります。

*養蜂振興法での「業」とは
 「蜜蜂、蜂蜜、蜜ろう若しくはローヤルゼリー等を利益を得て譲渡することを目的として蜜蜂の飼育を行う者」とされ、趣味の範囲であっても、自家消費の余剰分を販売したりする場合は「業」と解釈されます。

 

2 届出時期:平成28年1月4日~1月31日まで
        以後、届出内容に変更があった場合、速やかに変更届を提出してください。

 

3 届出窓口:飼育者住所地の最寄りの県農林水産事務所農政課
        名古屋市在住の方の場合は、名古屋市農業センター又は県庁畜産課

4 届出内容:飼育者の氏名又は名称及び住所
        1月1日現在の飼育場所、飼育群数及び年間の飼育計画等
        本人届出・署名の場合は捺印不要

 

花とみつばちのイラスト

届出書類は、こちらからダウンロードすることができます

 添付の記入例を参考に記入してください。
 また、平成27年1月5日からは、県庁ホームページより電子申請・届出システムによる届出も可能となります。
書類の提出先及び問い合わせ先

名称

所在地

電話

管轄地域

尾張農林
水産事務所

名古屋市中区三の丸二丁目6-1

(代)052-961-7211

一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、愛知郡、西春日井郡、丹羽郡

海部農林
水産事務所

津島市西柳原町1-14

(代)0567-24-2111

津島市、愛西市、弥富市、あま市、海部郡

知多農林
水産事務所

半田市出口町1-36

(代)0569-21-8111

半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、知多郡

西三河農林水産事務所

岡崎市明大寺本町1-4

(代)0564-23-1211

岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、額田郡

豊田加茂農林水産事務所

豊田市元城町4-45

(代)0565-32-7361

豊田市、みよし市

新城設楽農林水産事務所

北設楽郡設楽町田口字小貝津6-2

0536-62-0545

新城市、北設楽郡

東三河農林水産事務所

豊橋市八町通五丁目4

(代)0532-54-5111

豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市

名古屋市農業センター

名古屋市天白区天白町大字平針字黒石2872-3

052-801-5221

名古屋市

問合せ

愛知県 農林水産部 畜産課

E-mail: chikusan@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)