ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 中央家畜保健衛生所 > 国内における鳥インフルエンザの発生事例及び検出状況

国内における鳥インフルエンザの発生事例及び検出状況

 

家きん農場での高病原性鳥インフルエンザの発生事例(平成26年12月~)

家きん農場での発生事例
発生年月日場所飼養羽数殺処分終了日ウイルス亜型
平成27年1月18日佐賀県肉用鶏 約7万3千羽(関連農場含む)1月18日H5N8
平成27年1月15日岡山県採卵鶏 約20万羽1月19日H5N8
平成26年12月30日山口県肉用種鶏 約3万3千羽12月30日H5N8
平成26年12月28日宮崎県肉用鶏 約4万2千羽12月29日H5N8
平成26年12月16日宮崎県肉用種鶏 約4千羽12月16日H5N8

野鳥からの検出状況(平成27年10月~)

野鳥からの検出状況
場所検体採材日家保への文書通知日病原性ウイルス亜型
徳島県鳴門市糞便平成27年10月28日平成27年11月9日H5N3亜型
島根県安来市糞便平成27年11月1日平成27年11月24日H5N3亜型
宮崎県宮崎市糞便平成27年11月25日平成27年12月10日H5N3亜型
島根県安来市糞便平成27年11月20日平成27年12月11日H5N3亜型
茨城県鉾田市糞便平成27年12月8日平成27年12月24日H7N2亜型

家きん飼養者の皆様へのお願い

飼養衛生管理基準を遵守してください

1 野生動物の侵入防止及び農場出入口での消毒の徹底などを再確認

  ○ 防鳥ネットやカーテンの再点検をし、破損がある場合は速やかに補修をしてください

  ○ 鶏舎ごとに専用の長靴を使用してください

2 消毒槽の設置及び消毒液の交換をしてください

  ○ 鶏舎に入るときには長靴の汚れを落とし、確実に消毒して入るようにしてください

家きんの異常の有無の確認と異状発生時の早期通報に努めてください

異状を発見した場合は、直ちに最寄りの家畜保健衛生所まで連絡してください

   中央家畜保健衛生所 本所   TEL:0564-51-5183

   中央家畜保健衛生所 豊田加茂支所   TEL:0565-32-0459

参考リンク先

野鳥との接し方について

環境省ホームページ (高病原性鳥インフルエンザに関する情報)

問合せ

愛知県 中央家畜保健衛生所

E-mail: chuou-kachiku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)