ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 道路建設課 > 一般国道248号瀬戸東バイパス全線開通について

一般国道248号瀬戸東バイパス全線開通について

一般国道248号瀬戸東バイパス全線開通について

概要及び経緯

 国道248号は愛知県蒲郡市から岐阜県岐阜市に至る実延長約85kmの路線であり、伊勢湾岸自動車道・東海環状自動車道・中央自動車道・東海北陸自動車道などの高規格幹線道路に接続するとともに、地域間交流を促進させる重要な路線です。
このうち、瀬戸東バイパスは、東海環状自動車道せと赤津ICへのアクセス強化を図るとともに、瀬戸市の中心市街地を通過する現道248号の交通混雑を緩和し、円滑な交通の確保を目的としたバイパス道路整備事業であり、平成11年度から着手しました。
 平成11年より用地買収を実施し、瀬戸塩草土地区画整理事業と調整しながら事業を進め、平成16年度に南側0.8kmの供用を始めとし、平成21年度までに、さらに0.9kmを供用し、この度残る1.8km区間の開通をすることとなりました。

瀬戸東バイパスについて

問合せ

愛知県建設部道路建設課
国道・橋梁グループ
担当 藤田・浅井
内線 2706・2704
ダイヤルイン 052-954-6543

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)