ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 園芸農産課 > あいちの小麦「きぬあかり」レシピコンテスト審査会を開催します

あいちの小麦「きぬあかり」レシピコンテスト審査会を開催します

あいちの小麦「きぬあかり」レシピコンテスト審査会を開催します

 愛知県が開発した小麦品種「きぬあかり」は、平成24年産から県内で本格栽培が始まり、平成27年産では県内の小麦作付面積の7割を占めるまでに拡大しています。また、「きぬあかり」を使用したきしめん、うどんなどの日本麺は、色が明るく、品質が良いことから実需者から高い評価を得ています。
 一方、日本麺以外での利用は少ないことから、用途の拡大を図るため、『あいちの小麦「きぬあかり」レシピコンテスト』を開催し、広く県内に在住・在勤・在学の皆様から応募していただきました。
 つきましては、下記のとおり審査会を開催しますのでお知らせします。
 なお、本コンテストにつきましては、平成28年1月21日(木曜日)に記者発表しています。

いいちもあいちのマーク

1 開催日時

  平成28年3月5日(土曜日) 正午から午後3時まで
   ※ 一般の方は入場できません。

2 会場

  名古屋文化短期大学 C館1階 C101
   名古屋市東区葵一丁目17-8
   電話番号 052-931-7112(代表)

3 スケジュール

 (1) 実技
    午後0時10分から午後1時10分まで
 (2) 審査
    午後1時10分から午後2時まで
 (3) 表彰式
    午後2時から午後3時まで

4 参加者数

  10名(書類審査を通過した入選者が本審査に参加します)
   ※ 対象は県内に在住・在勤・在学の方
      募集期間は平成28年1月18日(月曜日)から2月17日(水曜日)で、応募数37。

5 出品料理名(順不同)

  豆乳と味噌の和風キッシュ
  愛知の恵み満載の絶品小籠包
  梨のデザートピザ
  「きぬあかり」のカラフルスティック
  抹茶ときなこのポルポローネ
  ふわっ・もちっ・カリッときぬあかりで三国友好!
  彩ポップオーバー
  あいち産花のクレープ
  もち ふわ とろっ たこ焼きグラタン
  きぬあかりのエビ水餃子蕪ら饅頭吸い物仕立て

6 審査員

  審査委員長  鳥居 久雄(トリイ  ヒサオ)氏
             名古屋文化短期大学教授、中部日本料理研究会会長
  特別審査委員 大高 恒夫(オオダカ  ツネオ)氏
             愛知県優秀技術者(職種:調理人)
  審査員     志賀 重介(シガ  ジュウスケ)氏
             株式会社金トビ志賀取締役社長
           消費者代表
           県農林水産部長

7 表彰(予定)

  グランプリ(知事賞)           1名
  準グランプリ                2名
  審査委員長特別賞           3名
  「きぬあかり」ブースター※特別賞  4名

※ きぬあかりブースターとは
  「きぬあかり」の特性を理解し、これを高く評価する“熱烈なファン”となって、普及推進を応援していただける皆様を、「きぬあかり」ブースターとして、募集・登録しています。現在、108の事業者、消費者の皆様が登録しています。

きぬあかりのシンボルマーク

8 審査結果

  本審査のレシピについては、後日、愛知県ホームページ等で公表します。

問合せ

愛知県農林水産部園芸農産課
 農産グループ
  担当 小出、後藤
  内線 3686、3687
  ダイヤルイン 052-954-6420
  E-mail engei@pref.aichi.lg.jp