ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 園芸農産課 > 作付面積日本一「キャベツ」をPR

作付面積日本一「キャベツ」をPR

知事名刺
 

 


    知事の名刺のデザイン

作付面積日本一「キャベツ」をPR

~ 「キャベツ」の生産者が知事へ思いを伝えます ~

 愛知県では、知事の名刺を使った農林水産物のPRを行っており、平成29年度は、生産量、作付面積などが全国上位の品目を、2か月ごとに名刺に掲載しています。12月、1月の品目は「キャベツ」です。
 愛知県の「キャベツ」は、日本一の作付面積5,450haを誇り、出荷量238,100tで国内シェア15%以上を占める一大産地です。県内では、東三河の温暖な地域での栽培が盛んで、特に11月から3月に出荷される「冬キャベツ」は国内シェア3割以上を占めます。
 県内の生産者が知事を訪問し、「キャベツ」に込めている思いを伝え、贈呈するとともに、キャベツを味わっていただき、広く県民の皆様にPRします。

1 日時及び場所

 平成29年11月14日(火曜日) 午後5時から午後5時20分まで

 愛知県公館 1階

2 出席者

 ■生産者

  JA愛知みなみ常春部会 部会長  冨田信茂(とみだのぶしげ)

  JA豊橋キャベツ部会 部会長  鈴木健示(すずきけんじ)

  JAひまわりそさい連合 キャベツ役員   山本明広(やまもとあきひろ)

 ■関係団体

  JA愛知みなみ青果農産部青果販売課 課長  鈴木勝彦(すずきかつひこ)

  JA豊橋 常務理事  山口雄二(やまぐちゆうじ)

  JAひまわり 営農部販売指導課 主任  城殿和利(きどのかずとし)

  JAあいち経済連園芸部 部長  鈴木忍(すずきしのぶ)

キャベツの栽培風景

     キャベツの栽培風景(田原市)

 3 内 容

 県内主要産地のキャベツの生産者代表が知事を訪問し、栽培の特徴やこだわり等の思いを伝え、キャベツを贈呈します。
 また、ジャガイモの代わりにキャベツを使ったコロッケ『キャベコロ®3種(カレー、しらす、ツナ)』と『キャベツの塩昆布和え』を知事に味わっていただき、キャベツのPRをします。

キャベコロ

          キャベコロ®

参考資料

 参考資料 [PDFファイル/57KB] 

問合せ先

 愛知県農林水産部園芸農産課 野菜果樹グループ

  担当 伊藤(寛)、伊藤(広)

  電話:052-954-6418

リンク

愛知県農林水産部園芸農産課(あいちの園芸農産のページへ)

愛・地産アラカルト(愛知産の農作物を詳しく紹介)

愛・地産アラカルト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)