ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 下水道課 > 全県域汚水適正処理構想(Aichi-WAter Recovery Plan)

全県域汚水適正処理構想(Aichi-WAter Recovery Plan)

1. 全県域汚水適正処理構想について

 「全県域汚水適正処理構想」は、県内市町村の構想を踏まえ、愛知県が取りまとめた汚水処理施設の整備に関する総合的な構想です。
 
 今回、汚水処理施設の特性、経済性等を総合的に勘案した上で、今後10年程度での汚水処理施設の概成、効率的な改築更新及び運営管理に重点を置き、見直しを行いました。
 
※「愛知県における水の再生構想」という意味と、次世代に快適で美しい水環境を再生し、引き継ぐ願いを込めて、全県域汚水適正処理構想を「Aichi-WAter Recovery Plan」と呼んでいます。

2. 汚水処理施設の種類

 汚水処理施設は、集合処理施設と個別処理施設に大別され、主な汚水処理施設は図-1に示すとおりです。
 
 汚水処理施設の整備手法・整備区域は、経済性での選定を基本としつつ、整備時期、地域特性、住民の意向等を総合的に考慮し、設定しています。都市部など人口密度が大きい地域では集合処理が経済的となり、山村など人口密度が小さい地域では個別処理が経済的となります。(図-2参照)
汚水処理施設の種類
                       図-1 主な汚水処理施設の種類
集合処理と個別処理のイメージ
                       図-2 集合処理と個別処理のイメージ

3. 汚水処理人口普及率について

 平成26年度末、平成37年度末、最終像における汚水処理人口普及率は、それぞれ以下のとおりです。
汚水処理人口普及率の表
汚水処理人口普及率のグラフ

4. 構想資料

(1)全県域汚水適正処理構想

全県域汚水適正処理構想の詳細な内容については、こちらをご覧下さい。
(全県域汚水適正処理構想のP7 市町村別汚水処理人口普及率における豊明市の数値に誤りがありましたので修正しました。【平成28年8月4日】)

(2)構想図

問合せ

愛知県 建設部 下水道課 企画調査グループ
 
E-mail: gesuido@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)