ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 下水道課 > 衣浦西部浄化センターにおける下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)の取り組み

本文

衣浦西部浄化センターにおける下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)の取り組み

ページID:0354734 掲載日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)

  • 国土交通省では、新技術の研究開発及び実用化を加速することにより、下水道事業における低炭素・循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水対策、老朽化対策等を実現し、併せて、水ビジネスの海外展開を支援するため、2011年度より下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)を実施しています。
  • 本県を含む共同研究体が提案した「AI を用いた分流式下水の雨天時浸入水対策支援技術に関する実証事業」が2021年度事業として採択され、2022年度も引き続き実証事業を行います。

 

実証事業の概要

1.事業の名称

AI を用いた分流式下水の雨天時浸入水対策支援技術に関する実証事業

2.事業の概要

雨天時の最適な運転操作の実現に向け、プラント監視システムに蓄積された運転操作履歴から運転ノウハウ等をAIが学習し、最適な運転方法を提案することで、運転作業の負荷低減等を実証するものです。

3.実施場所

衣浦西部浄化センター

4.共同研究体

三菱電機株式会社、国立大学法人東京大学、公益財団法人愛知水と緑の公社、愛知県


 

< 国土交通省ウェブサイトへ (外部サイトへリンク) >

・令和3年度 B-DASHプロジェクト実証技術の概要等について

https://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/mizukokudo_sewerage_tk_000714.html

・AIを用いた分流式下水の雨天時浸入水対策支援技術に関する実証事業(PDFファイル)

https://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/content/001401728.pdf

・令和4年度 B-DASHプロジェクト実証技術の概要等について

https://www.mlit.go.jp/mizukokudo/sewerage/mizukokudo_sewerage_tk_000756.html

 

 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)