ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 下水道課 > 矢作川浄化センターの汚泥消化施設の完成について

矢作川浄化センターの汚泥消化施設の完成について

 愛知県では、下水汚泥のエネルギー利用に取り組んでいるところですが、本日、矢作川浄化センターにおいて新たなエネルギー利用施設である「汚泥消化施設」が完成し、12月から本格的な運用を始めます。
 当施設は、愛知県が管理する下水道施設において初のエネルギー利用が可能な汚泥消化施設です。
 現在、矢作川浄化センターでは、1日当たり約26万6千㎥(H27実績平均)の流入汚水を処理しており、ここで発生する下水汚泥量は年間約7万tで、この大部分を焼却処分しています。
 完成した汚泥消化施設は、矢作川浄化センターで発生している下水汚泥量の概ね1/4相当の処理能力を有し、下水汚泥を消化槽でメタン発酵して得られたバイオガスを汚泥焼却炉の重油の補助燃料として利用することができます。

施設概要

 事 業 費   2,523百万円
 工   期  平成25年10月から平成28年11月まで
 構   造  鋼板製消化槽
 容   量  5,800㎥
 関係市町  岡崎市、豊田市、安城市、西尾市、幸田町
鋼板製消化槽

汚泥消化施設の特徴

 ・下水汚泥中に含まれる有機分の50%がガス化する事により、1日あたり約4,000㎥のバイオガスが発生します。
 ・このエネルギー利用により、汚泥焼却炉の重油使用量は年間約850klの削減を見込んでおり(約42%の削減)、また、年間約2,200tのCO2削減効果につながります。
 ・鋼板製消化槽は国土交通省の平成23年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)※1の成果による技術であり、この技術を採用した事例は矢作川浄化センターが全国で初めてです。
※1 B-DASHプロジェクトとは、国土交通省において新技術の研究開発及び実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出等を実現し、水ビジネスの海外展開を支援するため実施している施策のこと。