ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局 > 「東三河自然再生推進業務」の委託先を募集します。

「東三河自然再生推進業務」の委託先を募集します。

1 委託業務名

「東三河自然再生推進業務」

2 業務の目的

 東三河地域は、全国的にも特色ある多様で豊かな自然環境を有し、貴重な動植物が生息し、環境学習のフィールドとしても高いポテンシャルを有している。
 そのため、愛知県が策定した「あいちビジョン2020」の地域別(東三河地域)の取組方向で示した目指すべき将来像及び「東三河振興ビジョン」で重点的に取組むべき施策とする「豊かな自然の保全・再生」の具体化推進に向けて、フィールドへ多くの人を呼び寄せ、広い世代に東三河の自然を楽しく体験してもらい、東三河の自然の魅力を創造・発信することによる自然を生かした地域の活性化を進める。

3 事業の概要

(1)里川フィールドリーダー養成講座
 河畔林、湿地・湿原、干潟、海辺等の豊かな自然環境を支えている様々な環境保全活動について、普及啓発や取組の活性化を図るために「里川フィールドリーダー」の養成講座を開催する。
 この講座では、多様な“水辺環境を教室”とし、講義、フィールドワーク(現場体験)やSNSによる情報発信体験を行う。その後、生態系ネットワーク協議会主催のフォーラム等において成果発表会を行う。
 なお、内容については、契約後、企画提案に基づき協議の上、決定する。
開催時期:平成29年8月~10月(合計2日間)
      平成29年11月~平成30年1月(成果発表会1日)
場  所:東三河地域河口部及びその周辺地域
養成人数:20名程度
対象者:今後、東三河の水辺環境に係る自然に関心を持ち、その魅力を発信していただける18歳以上の方で、里川フィールドリーダー養成講座に必ず2日間、成果発表会にご参加いただける方
講  師:水辺環境に係る自然観察や自然体験を通して自然の魅力を発信する方法を教えることができる者
 (講師の選定にあたり、事前に東三河総局と協議すること。)
 その他:講師等の謝金及び旅費は受託者が負担する。
(2)自然公園魅力発信コアリーダー養成事業
 平成30年度から全面供用が開始される伊良湖休暇村公園施設等、魅力ある渥美半島の自然公園の活性化を図るために、その魅力をしっかり捉えSNSで効果的に発信できるコアリーダーの養成講座を開催する。その後、自然公園フィールドエコツアーにおいて、エコツアーガイドを体験する。
 なお、内容については、契約後、企画提案に基づき協議の上、決定する。
 ア 自然公園魅力発信コアリーダー養成講座
 魅力ある渥美半島の自然公園の魅力をSNSで発信できるコアリーダーの養成講座を開催する。その後、自然公園フィールドエコツアーにおいて、エコツアーガイドを体験する。
開催時期:平成29年10月~11月(合計1泊2日)
場  所:渥美半島の自然公園の各所
養成人数:10名程度
対象者:H27・28年度開催の講座修了生等や、今後、渥美半島の自然公園に関心を持ち、その魅力を発信していただける18歳以上の方で、自然公園魅力発信コアリーダー養成講座に必ず1泊2日間、自然公園フィールドエコツアーにご参加いただける方
講 師:渥美半島の自然公園内のすぐれた景観を眺望し、自然解説(観察を含む)や自然体験を通してその魅力を発信する方法を教えることができる者
 (講師の選定にあたり、事前に東三河総局と協議すること。)
その他:講師等の謝金及び旅費は受託者が負担する。
   :伊良湖休暇村公園(いらごさららパーク)での植生調査等のための研修室を確保すること。
 イ 自然公園フィールドエコツアー
 自然公園魅力発信コアリーダー養成講座の修了生をエコツアーガイドとして、一般参加者向けに渥美半島の自然公園をフィールドとするエコツアーを開催する。
開催時期:平成29年11~12月(1回)
場  所:渥美半島の自然公園の各所
人  数:40人(受講生がエコツアーガイドを担当)
対象者:渥美半島の自然公園に関心を持っている方
その他:スタッフ等(自然公園魅力発信コアリーダー養成講座の際の受講生でイベントのツアーガイド等)の旅費(日当含む。)は受託者が負担する。

4 企画提案書の作成内容(提案項目等)

  企画提案書には、次の(1)から(7)の内容について記述すること。
(1)事業に関する企画等
  ア 事業実施計画
    事業の目的を達成するための事業全体に係る総合的な事業実施計画を記述すること。
  イ 事業スケジュール
    事業を実施するに当たり、必要な企画・調整が適切に行われる日程が示されているスケジュール計画を記述すること。
  ウ 企画・運営計画
   「3 事業の概要」及び「仕様書」を参考に、効果的な企画内容及び運営計画を記述すること。
(2)事業の募集に関する企画
   事業を広くかつターゲット層に的確に情報発信できる効果的な募集方法を記述すること。
(3)概算費用
   事業の実施に係る概算費用(見積額)を内訳がわかるように項目ごとに記述すること。
(4)事業実施体制及びスタッフの業務経歴
   事業を受託した場合の業務を実施する体制(組織、スタッフ、社内及び社外のバックアップ体制等)及び業務に従事するスタッフの過去の業務経歴を記述すること。
(5)事業の受託実績
   過去5年間(24年度~28年度)に受託した事業の実績を記述すること。なお、記載項目は、運営を受託した事業の概要、主催者、参加者数、受託した業務の具体的な内容等を記述すること。
   特に生物多様性及び人材育成に関する企画・運営実績がある場合は詳細に記載のこと。
(6)誓約書
  「7 応募者の資格」の(1)~(4)に該当しない旨の誓約書を提出すること。(様式は任意)
(7)その他
   その他、本事業を魅力的・効果的なものとするために考えられる企画があれば、記述すること。

5 契約期間

  契約締結日から平成30年3月9日まで

6 見積金額の上限

  3,872,000円(消費税及び地方消費税の額を含む。)

7 応募者の資格

  下記のすべての要件を満たす者であること。
(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者で、愛知県から愛知県会計局指名停止取扱要領に基づく指名停止処分を受けていないこと。
(2)「愛知県が行う事務及び事業から暴力団排除に関する合意書」(平成24年6月29日付け愛知県知事等・愛知県警察本部長締結)に基づく排除措置を受けていないこと。
(3)県内に主たる事業所(営業所、支所を含む)を有する法人(NPO法人等も含む)又は団体であること。
(4)宗教活動や政治活動を主たる目的とする法人及び団体でないこと。

8 説明会の開催

  応募希望者を対象に、次のとおり説明会を開催する。
 〔日 時〕 平成29年5月23日(火曜日)午後2時から 
 〔場 所〕 愛知県東三河総合庁舎  401会議室
(注)説明会への出席は必須条件ではありませんが、できる限り出席してください。なお、欠席により不利益を受けられた場合、愛知県はその責任を負いません。
  ※ 資料の準備等の関係から、出席を希望する場合は前日までに事業者名及び出席者数を14の連絡先まで連絡ください。

9 参加表明書の提出

  企画提案書の提出を希望する場合、次のとおり参加表明書を提出してください。
(1)参加表明書:別添のとおり
(2)提出期限:平成29年6月6日(火曜日)午後5時まで
(3)提出先:愛知県東三河総局県民環境部環境保全課環境保全グループ
(4)提出方法:郵送又は持参

10 企画提案書の提出

(1)提出物
   企画提案書:A4版、6部(ただし、1部にのみ表紙に社名を表記し残りの5部の企画提案書には、社名や、社名が推測できるような記述はしないこと。)
   なお、誓約書については、原本1部提出すること。
(2)提出方法
   郵送又は持参
(3)提出期限及び場所
   平成29年6月20日(火曜日)午後5時 必着
    東三河総局県民環境部環境保全課 環境保全グループ
    (愛知県東三河総合庁舎 3F)
   (郵送の場合は、期限までに確実に到着するよう留意すること。)

11 審査及び委託先の決定

(1)提出された企画提案書については、別途通知する日にプレゼンテーションしていただきますので事前に準備してください。プレゼンテーション終了後に別に定める審査委員会にて総合的に評価し、審査の結果、その内容が最も適切であると選考された企画提案業者と契約交渉を行い、合意に至れば契約締結します。
(2)審査結果については、各提案者に文書で通知します。
(3)企画提案書の内容に虚偽があった場合は、委託契約候補者から外し、次点であった業者を繰り上げて委託契約候補者とします。
(4)委託先の選定は非公開で行われ、審査の経過等、審査に関する問い合わせには応じません。
(5)審査結果についての異議申し立ては受け付けません。

12 委託料の支払

   委託料の支払方法については、東三河総局と受託者との協議により決定します。

13 その他

   企画提案書作成及び提出に必要な経費については、各応募者の負担とします。なお、提案された企画提案書は、返却しません。

14 連絡・問合せ先

  〒440-8515
  豊橋市八町通5丁目4番地 東三河総合庁舎3階
  東三河総局県民環境部環境保全課環境保全グループ
  担  当 天野・三輪
  電  話 0532-35-6113(ダイヤルイン)
  Eメール higashimikawa@pref.aichi.lg.jp