ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局 > 平成28年度 東三河「新しい人の流れ」創出事業 ~東三河観光PRコーナーを設置します~

平成28年度 東三河「新しい人の流れ」創出事業 ~東三河観光PRコーナーを設置します~

 

平成29年3月31日(金曜日) 発表

都道府県記者クラブ、愛知クラブ(東京)、豊橋市政記者会 同時

平成28年度 東三河「新しい人の流れ」創出事業 ~東三河観光PRコーナーを設置します~

東三河県庁では、東三河地域の知名度・ブランド力を高め、地域の魅力を県内外(特に東京圏)に発信する「東三河『新しい人の流れ』創出事業」を実施しています。

この事業の一環として、東三河総合庁舎の一角に、東三河地域の観光施設・イベント情報などを提供するPRコーナーを設置します。

このPRコーナーの資機材は、可動性の高いものとし、東京圏・名古屋圏を始め県内外で開催される各種イベントでも使用します。

また、東三河8市町村等へも貸出し、有効活用を図ります。

 

東三河観光PRコーナー 全景

      東三河観光PRコーナー 全景

 

 

■ 設置年月日

  平成29年4月3日(月曜日)

■ 設置場所

  東三河総合庁舎 1階 エントランスホール

  (豊橋市八町通五丁目4)

■ PRコーナーの資機材

PRコーナーの資機材

資機材

内 容

(1) 観光PRボード

  (折り畳み式)

・東三河地域へのアクセスマップ

・みどころエリアマップ

・東三河8市町村の観光施設、グルメの写真

  (2) 馬防柵(レプリカ)

・馬防柵  ・解説看板  ・鉄砲隊の写真

(3) 自立式看板

・東三河のロゴと東三河8市町村名を掲載

(4) タペストリー

・東三河のロゴと東三河8市町村名を掲載

(5) テレビモニター

  (49インチ)

・東三河8市町村と愛知県の観光PR動画を放映

(6) ポスター掲示ボード

・東三河8市町村と愛知県の観光ポスターを掲示

(7) パンフレットスタンド

 ・東三河8市町村と愛知県の観光パンフレットを配布

 

①観光PRボード   ②馬防柵(レプリカ)  ③自立式看板

          (1) 観光PRボード                  (2) 馬防柵(レプリカ)           (3) 自立式看板

【参考】平成28年度 東三河「新しい人の流れ」創出事業の内容

平成28年度 東三河「新しい人の流れ」創出事業の内容

業務名

目的

実施内容

飯田線プロモーションの実施

東京圏に向けて、飯田線を地域資源として重点的に情報発信を行うとともに、あわせて、東三河のその他の観光資源等の情報も発信していくことにより、東三河のブランドイメージの認知度向上を図ります。

H28.10.5

記者発表

東三河魅力発信セミナーの開催

東京圏在住者を対象に、東三河の豊富な食材、伝統文化、豊かな自然環境、歴史、産業などの魅力がイメージしやすくなるよう、東京都内でセミナーを2回実施し、東三河のブランドイメージを向上させ、東三河の観光への関心を高めます。

H28.10.5

記者発表

H28.12.22

記者発表

東三河魅力体験ツアーの実施

東京圏在住者を対象に、東三河の豊かな地域資源を、参加・体験できる域内観光を組み合わせた1泊2日のモニターツアーを3回実施し、東三河の観光への関心を高めていただくとともに、東三河の魅力を幅広く発信(SNSなど)していただきます。

東三河の素敵ストーリーコンテストの実施

東三河の地域資源の良さを伝えるショートストーリーを公募し、集まった素材を活用し東京圏向けの広報素材を作成します。

H28.11.7

記者発表

H29.2.21

記者発表

東三河スロートラベルキャンペーンの実施

東三河の観光振興を進めていく上で、市町村・産業界における観光客をおもてなしする取組を支援するため、東三河を訪れる観光客をナビゲートするスマートフォンサイトを作成し、これを活用した観光キャンペーンを実施します。

H28.12.22

記者発表

東三河観光PRコーナーの設置

東三河総合庁舎1階正面エントランスホールの一角に、東三河地域の観光イベント情報などを提供する場として、モニター、ポスター、印刷物等を配置するPRコーナーを設置します。

あわせて、コーナー設置物品は、各種イベントのPRブースなどでも活用します。

本ページのとおり

お問合せ

東三河県庁(愛知県東三河総局企画調整部企画調整課)

担当:調整グループ 林・金田

ダイヤルイン:0532-35-6110