ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 心身障害者コロニー > 愛知県心身障害者コロニー 養楽荘

愛知県心身障害者コロニー 養楽荘

養楽荘(障害者支援施設) ※平成28年7月1日閉所しました

養楽荘タイトル
養楽荘全景

施設概要

1.沿革

昭和44年4月1日 開所
昭和50年1月   集団指導棟増築
平成28年7月1日 閉所

2.建物

RC造平屋建て 延べ面積  3,248平方メートル

3.定員

140名

4.職員

管理者(荘長)1,サービス管理責任者1,生活支援員34,看護師2  計 38名

5.事業の概要

(1) 支援の体制を2グループに区分し、支援第一を男性棟,第二を女性棟としています。生活支援に当たる職員は、障害支援区分に応じて国の基準に添って配置しており、勤務は日中活動の支援体制を重点とした変則勤務形態をとっています。

(2)支援サービスは、生活の場としての施設入所支援、日中活動の場としての生活介護、自立支援を行っています。生活介護は、主に昼間における介護や日常生活上の支援、創作的活動や生産活動の機会を提供しています。また、自立訓練は、コロニー内の元職員宿舎を利用して、日常生活能力の向上のための支援、地域生活に向けた訓練を行っています。
 創作的活動    音楽鑑賞、楽器演奏、絵画、手芸、等

(3)以上の他、交流会やクリスマス会を始め、個々の利用者の好みや障害に応じた外出支援を行うとともに、コロニー全体の行事(コロニー祭、成人式、もちつき大会など)に参加しています。

(4)健康管理、医療、機能訓練、予防対策等の保健医療支援については、中央病院の指導協力を受けながら十分な配慮をしています。また、週2日(水・金曜日)の施設診療日に専門医の検診など直接指導を受けています。

(5)保護者との連携については、面会日、行事、家庭帰省(年3回)、職員との懇談会などを行って、保護者、利用者、職員間の相互理解を深めています。

(6)コロニー再編計画に基づき平成28年7月1日に廃止します。

6.施設の利用方法

入所支援、日中活動及び短期入所については、満18歳以上の男女が対象となっています。
施設利用については、市町村により介護給付費などの支給決定を受け、施設との契約が必要になります。

7.問合せ

施設利用については、コロニー運用部地域支援課相談支援グループ(内線2252)におたずねください。

養楽荘の一日

食事とラジオ体操
ダンボール作業と手芸
農作業と散歩