ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 心身障害者コロニー > 愛知県心身障害者コロニー はるひ台学園(福祉型障害児入所施設)

愛知県心身障害者コロニー はるひ台学園(福祉型障害児入所施設)

はるひ台学園(福祉型障害児入所施設)             春のはるひ台学園

1.施設の概要

   はるひ台学園は、児童福祉法第42条に基づいて設置された福祉型障害児入所施設で、知的障害児を受け入れています。

        昭和43年6月 一部開所50名(重度棟)

        昭和44年4月 全部開所 入所定員 200名(重度100名、 中軽度100名)

        昭和51年4月 定員変更175名(重度 50名、 中軽度 125名) 

        昭和58年4月 定員変更130名(重度 100名、 中軽度 30名) 

        平成19年4月 定員変更 80名 

     平成24年4月 児童福祉法改正に伴う施設種別の変更

 2.建物

  鉄筋コンクリート造り 平屋建て(一部2階建て)4851平方メートル

 3.組織

はるひ台学園の組織
学園長支援課長支援第一グループ班長利用者:成人
支援第二グループ班長利用者:児童
 看護師

4.職員構成

    学園長1名、 支援課長1名、児童発達支援管理責任者1名、サービス管理責任者1名、

  児童指導員・保育士25名、非常勤職員等7名、看護師1名、非常勤看護師1名、嘱託医1名

5.事業概要

     (1)学園で生活している利用者一人一人の自立を目指しています。

   (ア)個別支援計画を作成し、基本的生活能力と社会生活能力の向上を図っています。

   (イ)自閉症、強度行動障害児(者)の支援を積極的に行っています。

   (ウ)日中活動(生活介護)を実施しています。学校教育修了者の社会生活能力向上を目指した日中活動

      として、個別あるいは集団活動を行っています。音楽療法、ティーチプログラムを取り入れた作業、

      紙すき、セットフック組立などの活動を行っています。

   (エ)医療支援として、嘱託医による定期的な診療とともに、コロニー中央病院と連携して迅速でより適切な

      診断、治療及び健康管理に取り組んでいます。

   (オ)利用者の保護者との連携として、各種行事、面会、家庭帰省などを通して、利用者と家庭との

      ふれあいを深めると共に、保護者との連携を密にして利用者の進路、療育支援を行っています。

     (2)地域社会のニーズに応えていきます。 

   (ア)短期入所(ショートステイ)事業を積極的に行っています。保護者が病気になられたり、休養を

      取られたりする時に、短期間お子さんをお預かりしています。

   (イ)福祉職、教員養成の実習の場を提供しています。

   (ウ)ボランティアの受け入れを通して、地域との交流を図っています。はるひ台学園の活動や行事の様子

6.平成29年度の入所方針について

 家庭復帰を基本に、自閉症を併せ持つ知的障害児を主体として、有期(原則1年以内)・有目的で受け入れます。

 18歳未満の再入所を妨げません。

 なお、短期入所については積極的に受け入れます。

7.はるひ新聞

はるひ新聞29年1月号 [PDFファイル/706KB]

はるひ新聞29年4月号 [PDFファイル/1.94MB]

8. 入所についてのご相談は

 お近くの児童相談センターまたは市町村役場におたずねください。
 短期入所(ショートステイ)利用を希望される方は、運用部地域支援課相談支援グループ(内線2252)に相談してください。 

問合せ

愛知県 心身障害者コロニー はるひ台学園支援課
電話: 0568-88-0811 内線2652
FAX: 0568-88-0827
E-mail:haruhi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)