ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 心身障害者コロニー > コロニーの沿革について

コロニーの沿革について

コロニーの沿革について

・昭和43~47年に主要な施設を開設し、49年に看護専門学校を加えて拡充が図られた。
・昭和49年に皇太子・同妃両殿下行啓が、昭和54年に昭和天皇行幸が、また平成元年に皇太子殿下行啓があった。
・平成15年に「愛知県自閉症・発達障害支援センター」(18.4.1「あいち発達障害者支援センター」に名称変更)が設置された。
・平成16年4月、地域福祉への大きな流れの中で、愛知県社会福祉審議会に「コロニーの今後のあり方」が諮問され、調査研究会議で検討が進められた。
・平成17年5月、愛知県社会福祉審議会から「コロニーの今後のあり方」が調査研究報告書として答申された。
・平成19年3月、コロニー再編計画が策定された。
・平成23年11月、愛知県地域医療再生計画が策定され、県内の発達障害医療の拠点施設としてコロニー整備を行うこととされた。

コロニーの年表
<年表>   
昭和42年9月起工式実施昭和53年3月内津川系統排水処理施設完了
昭和43年6月開所式実施昭和55年4月共同作業等開所
昭和43年6月運用部設置昭和61年3月春日台養護学校体育館竣工
昭和43年6月こばと学園(重症心身障害児施設)開所昭和63年10月機能訓練センター業務開始
昭和43年6月はるひ台学園(知的障害児施設)開所平成2年3月春日台養護学校プール竣工
昭和43年11月エネルギーセンター運転開始平成3年2月給食センター改築
昭和44年4月養楽荘(知的障害者更生施設)開所平成5年1月愛知県社会福祉審議会から「新愛知県心身障害者コロニー基本構想」答申
昭和44年4月春日台職業訓練校開校平成12年3月託児所廃止
昭和44年4月春日台養護学校開校
(平成26年4月春日台特別支援学校に名称変更)
平成12年4月交流センター開設
昭和44年4月給食棟業務開始平成15年5月愛知県自閉症・発達障害支援センター開設
(平成18年4月あいち発達障害者支援センターに名称変更)
昭和44年10月いこいの家(寄贈)竣工平成16年4月療育部を廃止し、運用部に統合
昭和45年4月総合管理事務所竣工平成17年4月春日井看護専門学校閉校
昭和45年5月中央病院開院平成17年5月愛知県社会福祉審議会から「愛知県心身障害者コロニーの今後のあり方」答申
昭和46年7月春日台授産所(知的障害者授産施設)開所平成19年3月愛知県心身障害者コロニー再編計画策定
昭和46年7月緑の家(短期母子療育施設)開所平成21年4月春日台授産所廃止
昭和47年4月療育部設置平成26年3月医療療育総合センター(仮称)実施設計完了
昭和47年4月発達障害研究所開所平成27年3月名古屋大学と「障害者医療に係る医師の育成及び確保に関する協定」を締結
昭和48年3月総合完工式実施平成28年2月こばと棟・リハビリセンター棟竣工
昭和49年4月春日井高等看護学院開校
(昭和52年4月春日井看護専門学校に名称変更)
平成28年3月リハビリセンター棟使用開始
家族宿舎(家族用)廃止
昭和49年5月託児所開所平成28年6月こばと学園がこばと棟に移転
昭和52年3月大谷川系統排水処理施設完了平成28年7月養楽荘廃止