ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 微量採血穿刺器具の使用状況調査に係る愛知県分の結果について

微量採血穿刺器具の使用状況調査に係る愛知県分の結果について

微量採血穿刺器具の使用状況調査に係る愛知県分の結果について

1 調査結果(平成20年9月1日現在)

  愛知県全体で、穿刺針を交換せずに複数人に使用した事例はありませんでした。また、穿刺針は交換していましたが針の周辺部分(キャップ)を複数人に使用していた事例は403施設でありました。(わが国では、この使用方法による感染症の発生事例の報告はありません。)なお、未報告は60施設でした。

調査結果
 施設等対象数 未報告 報告数 

当該器具

使用なし 

複数人の

使用なし 

キャップを複

数人に使用 

 病院 334334 172 85 77 

 診療所

(医科)

5,010 59  4,951 4,166 492 293 

 介護老人

保健施設

157 156 119 19 18 
 養成施設等8888 72 15 
 計5,589 60 5,529 4,529 597 403 

2 相談窓口の設置

  県、名古屋市、中核市(豊橋市、岡崎市、豊田市)に相談窓口を設置しました。

針を交換していたが器具を複数人に使用していた施設(医療施設等)

問合せ

愛知県 健康福祉部 健康担当局医務国保課
医務・医療指導グループ
電話052-954-6275(ダイヤルイン)
E-mail: imukokuho@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)