ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急医療・医療相談 > 公立西知多総合病院を災害拠点病院に指定します。

公立西知多総合病院を災害拠点病院に指定します。

 愛知県は、公立西知多総合病院を平成27年9月30日付けで災害拠点病院(地域災害拠点病院)に指定します。

 これにより、愛知県内の災害拠点病院は、35か所となります(別添PDFファイル参照)。

 

【災害拠点病院】

 阪神・淡路大震災の教訓を生かし、被災地の医療の確保、被災した地域への医療支援を行うために、平成8年に厚生省(当時)により制度化されました。

 東日本大震災の教訓を生かして、機能強化を図り、高度な診療機能、地域の医療機関の支援機能、重篤患者の広域搬送機能、医療救護チームの派遣・受入れ機能や十分な発電容量のある自家発電機等を備えており、愛知県では平成27年9月30日現在、35病院を指定しています。

 

・「基幹災害拠点病院」

救命救急センターの指定を受けているものから選定し、平常時からの研修・訓練を通じて県下全域の災害医療体制の機能強化の役割を担う。

 

・「地域中核災害拠点病院」

原則として救命救急センターの指定を受けているものから選定し、新たに指定する災害拠点病院の取りまとめと機能強化を通じ、当該地域の災害医療体制を強化する役割を担う。

 

・「地域災害拠点病院」

原則として新たに指定される災害拠点病院とし、地域中核災害拠点病院と連携して地域の災害医療体制の向上に努める。

愛知県の災害拠点病院

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局医務国保課
救急・周産期・災害医療グループ
担当:彦田、熊澤
電話:052-954-6628(直通)
E-mail: imukokuho@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)