ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健医療局医務国保課 > 愛知県看護修学資金について

愛知県看護修学資金について

愛知県看護修学資金の概要

  愛知県では、1人でも多くの方々に看護への道を進んでいただくために、県内の保健師、助産師、看護師又は准看護師の養成所を卒業後県内において看護業務に従事しようとされる方又は大学院の修士課程において看護に関する専門知識を修得し、修士課程終了後県内において看護業務に従事しようとされる方に対し、県の予算の範囲内で貸与を行っております。   

 貸与を希望される方は、この案内をよくお読みになり、制度の概要、趣旨等をご理解いただき申し込んでください。

愛知県看護修学資金の貸与を受けるためには

愛知県看護修学資金の貸与を希望される方は以下にあてはまることが必要です。

 1. 県内の看護師等養成所を卒業し免許を取得後、又は県内の大学院の修士課程において修士課程修了後、返還債務が免除となる施設に就業し、看護業務に従事する意志があること。

  ※免除対象となる施設において、5年以上継続勤務をした場合、返還債務が免除されます。

      なお、免除対象外施設において勤務する場合等については返還していただきます。

        詳しくは「返還しなければならない場合とは」に記載してあります。

 2. 貸与を受ける際に保証人が2名必要ですが、そのうち1名は愛知県内に住所を有し、かつ、独立の生計を営むものであること。

【参考】返還債務免除施設

愛知県看護修学資金の貸与月額

貸与月額
区分貸与金額(月額)
大学院
(修士課程)
民間立及び自治体の養成施設83,000円
保健師
看護師
助産師
民間立の養成施設36,000円
自治体立の養成施設32,000円
准看護師民間立の養成施設21,000円
自治体立の養成施設15,000円

貸与の申込みについて

貸与の申込み及び在学中の各種手続きについては、それぞれの学校を通して行っていただきます。

例年4月に各学校において、その年の貸与希望者の取りまとめをしておりますので、貸与を希望する者は必ず申し出るようにしてください。

返還しなければならない場合とは

 1.貸与契約が解除されたとき  例:退学した場合

 2. 養成施設卒業後1年以内に当該養成施設に係る免許を取得しなかったとき

  例1:卒業の年の看護師国家試験に不合格であった場合

  例2:卒業の年の看護師国家試験に合格はしたが、免許申請をせずに卒業の日から1年以上経過した場合

 3.免許取得後1月以内に免除対象施設で看護業務を開始しなかったとき

 4.免除対象外施設で勤務を開始したとき

 5.免除対象施設で就業後、免除期間に満たない期間で退職し、翌月までに免除対象施設で勤務を再開しなかったとき

 6.免除対象施設に該当する病院等の医療機関において3年以上看護職員として勤務した経験がないのに訪問看護事業において就業したとき

返還について

返還になった場合、貸与を受けた期間の2分の1に相当する期間内に返還していただくことになります。

 例:民間立の看護師養成所において3年間貸与を受けた場合、返還総額は1,296,000円(月額36,000円×12月×3年)となります。

   1年半以内に返還していただきますので、月賦で返還する場合、月72,000円ずつ返還していだくことになります。

 

この修学資金は「貸付金」ですので、返還になった場合は速やかに届け出てください。

返還された修学資金は、次の貸与希望者への資金となりますので、必ず返還してください。

養成所等の卒業後の手続きについて

卒業後に提出していただく各種様式を下記に掲載してあります。

様式等はこちら→

問合せ

愛知県 健康福祉部 健康担当局医務国保課
看護対策グループ
052-954-6276(ダイヤルイン)