ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急医療・医療相談 > 脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

 「脳脊髄液減少症」とは、頭部などへの強い外傷により脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、頚部痛、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気といわれています。

 国においては、平成19年度から診断・治療に関する研究班が設置され、平成23年10月に「脳脊髄液漏出症画像判断基準・画像診断基準」が作成されています。

脳脊髄液減少症の検査が可能な病院一覧

 愛知県では、平成21年3月以降毎年県内の病院のご協力を得て「脳脊髄液減少症」に関する調査を行い、その結果を公表しております。

 新たに検査が可能となった医療機関がありましたら、医務国保課までご連絡お願いします。

平成27年12月1日現在 脳脊髄液減少症の検査が可能な病院一覧

関係患者等団体リンク

隣県の関連ページ

問合せ

 愛知県 健康福祉部 保健医療局医務国保課 医務グループ
 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
 電話 052-954-6274(ダイヤルイン)
 FAX  052-954-6918
 E-mail: imukokuho@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)