ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健医療局医務国保課 > 平成27年度広域搬送拠点臨時医療施設(SCU)訓練の実施について

平成27年度広域搬送拠点臨時医療施設(SCU)訓練の実施について

平成27年度広域搬送拠点臨時医療施設(SCU)訓練

 大規模災害時には、被災地域内で患者に適切な医療を提供できなくなり、被災地域外の医療機関への搬送が必要となることが想定されます。
 本県における災害時の患者搬送の拠点となる広域搬送拠点臨時医療施設(SCU)の機能と実効性を検証するとともに、関係機関相互の協力の円滑化を図ることを目的として、県営名古屋空港及び熱田神宮公園にそれぞれSCUを設置し、広域医療搬送及び地域医療搬送等の患者搬送、医療活動の実動訓練を下記のとおり実施します。

1 実施日時及び場所

 平成28年2月8日(月曜日) 午前8時30分から午後1時30分まで

2 訓練場所

 ・県営名古屋空港((株)フジドリームエアラインズ格納庫、管理庁舎)
 ・熱田神宮公園(球技場)、堀川(宮の渡し―白鳥船着き場)

3 訓練の被害想定

 ・平成28年2月7日(訓練前日)午前9時に南海トラフ地震が発生した。
 ・愛知県の被災は甚大で、傷病者が多数発生し、県内の医療機関では処置できない状況となったことから広域医療搬送を実施する。
 ・名古屋空港にSCUを設置し、運用する。
 ・また、熱田区内の一部が湛水し、水路移動による患者の救出が必要になったことから、熱田神宮公園にSCUを設置し、運用する。

4 参加機関

 (1)訓練参加機関
    DMAT  県内DMAT23チーム114名
 (2)訓練協力機関
    名古屋市、名古屋市消防局、航空自衛隊小牧基地、第四管区海上保安本部、名古屋国際会議場、(株)フジドリームエアラインズ、日本赤十字社愛知県支部、津島市民病院、愛知医科大学病院、名古屋港管理組合、県内消防機関 21機関

5 訓練内容(予定) ※別紙「訓練イメージ図」参照

 (1)SCUの設置・運用
    県営名古屋空港及び熱田神宮公園においてSCUを設置し、運用する。
 (2)ヘリによる患者搬送
    ・熱田神宮公園―県営名古屋空港(愛知県防災ヘリ、名古屋市消防ヘリ、愛知県ドクターヘリ)
    ・津島市民病院―県営名古屋空港(愛知県ドクターヘリ)
 (3)ボートによる患者搬送(堀川)
    湛水区域から患者を救出した想定で堀川をボートで運航し、熱田神宮公園まで患者を搬送する。
    ・宮の渡し-白鳥船着き場(第四管区海上保安本部の船外機付きボート)
     白鳥船着き場から熱田神宮公園までは救急車により搬送する。

6 取材について

 ・原則、全ての訓練会場において取材が可能ですが、訓練会場によっては取材エリアに制限がありますので、現地担当者の指示に従ってください。
 ・各訓練会場内の取材については、報道機関であることが分かるように自社の腕章等を必ず着用してください。
 ・県営名古屋空港での取材は、事前に登録手続きが必要になります。取材を希望される場合は、平成28年2月4日(木曜日)16時までに別紙「県営名古屋空港への取材について」により、医務国保課へお申し込みください。

※用語

 ○広域医療搬送
  国が各機関の協力のもと、自衛隊等の航空機を用いて対象患者を被災地内の航空搬送拠点から被災地外の航空搬送拠点まで航空搬送する医療搬送。
 ○地域医療搬送
  被災地内外を問わず、都道府県、市町村及び病院が、各防災関係機関等の協力を得て、ヘリコプター、救急車等により患者を搬送する医療搬送(県境を越えるものを含む。)であって、広域医療搬送以外の医療搬送。
 ○SCU(Staging Care Unit:広域搬送拠点臨時医療施設)
  航空機での患者の搬送に際して、患者の症状の安定化を図り、搬送を実施するための救護所として、被災地及び被災地域外の搬送拠点基地に隣接して設置される医療施設。
 ○DMAT(Disaster Medical Assistance Team:災害派遣医療チーム)
  災害急性期に活動するためのトレーニングを受けた医療チーム。

お問合せ

愛知県健康福祉部保健医療局医務国保課
救急・周産期・災害医療グループ
担当:彦田・辻田
電話:052-954-6628
内線3178・3489

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)