ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 医療福祉計画課 > 「あいち健康福祉ビジョン2020」を策定しました

「あいち健康福祉ビジョン2020」を策定しました

「あいち健康福祉ビジョン2020」の策定について

 愛知県では、将来の本県健康福祉社会のあるべき姿や、健康福祉施策の方向性を示すものとして「あいち健康福祉ビジョン2020」を策定しました。

 このビジョンは、有識者からなる策定検討委員会(座長:大沢 勝 社会福祉法人愛知県社会福祉協議会会長)での検討をもとに、パブリック・コメントを経て、策定したものです。

 今後は、健康福祉分野の各個別計画と一体となって、福祉、保健、医療に関する様々な取組をより一層推進してまいります。

 

 

1 名称

あいち健康福祉ビジョン2020

2 目標年次

団塊の世代の方々が75歳以上となる平成37(2025)年を展望し、平成32(2020)年を目標とします。

計画期間:平成28(2016)年度から平成32(2020)年度までの5年間

3 ビジョンの特徴

(1)5年後、10年後の本県のめざすべき健康福祉社会の姿を記載するとともに、それを実現するための施策の方向性を示しています。

(2)健康福祉ニーズの多様化・複雑化を踏まえ、様々な分野の連携を重視した取組の方向性を示し、県民サービスの向上をめざします。

(3)結婚、子育て、健康づくり、介護など健康福祉分野における企業の取組や企業との連携を盛り込むなど、社会全体で健康福祉に取り組んでいく姿勢を打ち出しています。

(4)県民の方々にライフステージを通じてどのような健康福祉サービスが提供されるかを示しています。

4 基本理念

ともに支え合う安心・健やかで幸せなあいち

             ~「あいち(けん)(こう)社会」の実現

※ 「健幸(けんこう)社会」

 人と人とのつながり・支え合いにより、地域のすみずみまで保健・医療・福祉が行き届き、誰もが健やかで幸せに暮らせる社会

5 めざすべき健康福祉社会

子ども、若者、女性、高齢者、障害のある人など、

全ての人が活躍する「人が輝くあいち」

6 基本姿勢

めざすべき健康福祉社会の実現のため、4つの基本姿勢を重視し、施策の展開を図ります。

(1)健康福祉社会を支える人材の育成・確保を図る【人づくり】

(2)全ての人が社会の一員としてともに暮らし、支え合う【地域づくり】

(3)健康寿命を伸ばし、健康寿命日本一をめざす【健康づくり】

(4)安心して働き続けることができる【環境づくり】

7 進行管理

 年次レポートを作成し、施策の進行状況を管理します。

8 その他

 このビジョンは、社会福祉法に定められた「都道府県地域福祉支援計画」及び障害者基本法に定められた「都道府県障害者計画」としても位置付けています。

9 ビジョンの概要及び本文

こちらからダウンロードできます