ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 子育て > 母子・父子家庭 > 愛知県遺児手当の支給誤りについて

愛知県遺児手当の支給誤りについて

愛知県遺児手当の支給誤りについて

 本県では、ひとり親家庭の生活を支援するため、愛知県遺児手当の支給を行っております。

 このたび、平成28年度に開発した電算システムにプログラム設定誤りがあり、7名の方の遺児手当について誤支給があったことが判明しました。

 このような事態が発生し、当該受給者の方に多大な御迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。

1 事案の概要と経緯

○ 遺児手当については、年3回(8月、12月、4月)支給しており、支給開始から5年間、あるいは対象児童が18歳に達した日の属する年度末のいずれか早い日で支給期間が終了となります。

○ 平成29年9月12日に窓口業務を行っている市役所職員から、8月支払い者リストの中に、18歳到達による受給資格喪失者がいるとの報告がありました。

○ 電算システム開発・保守の委託業者に確認したところ、平成29年3月31日で18歳到達のため支給対象外となる平成11年1月1日生まれの児童の年齢到達日計算に係るプログラムに誤りがあり、7名の方に誤支給があったことが判明しました。

 

2 誤支給の人数及び金額

 
人 数誤支給額合計1人当たりの誤支給額
7人108,750円8,700円~17,400円

 

3 今後の対応

○ 遺児手当が過払いとなってしまった方々に対し謝罪するとともに、過払いとなっている分について後日返還いただくようお願いしております。

  5名の方にご了承いただきました。残り2名の方には引き続き連絡をとっています。

○ 支給誤りの原因となったシステムの改修を速やかに行います。

4 参考:遺児手当について

 父母の離婚、死亡などによって、父又は母と生計を同じくしていない18歳以下(18歳に達した日に属する年度の末日まで)の子どもを育てている方等に支給(所得制限あり)

  ・手当月額 1~3年:4,350円  4~5年:2,175円

  ・受給者数 26,059人(平成29年7月末現在)

  ・対象児童数 40,073人(    〃     )

  ・支給時期 年3回:8月(4~7月分)、12月(8~11月分)、4月(12~3月分)

問合せ

愛知県 健康福祉部 児童家庭課

E-mail: jidoukatei@pref.aichi.lg.jp