ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 人事課 > 平成30年度採用愛知県職員(通訳(英語))募集案内(募集は終了しました)

平成30年度採用愛知県職員(通訳(英語))募集案内(募集は終了しました)

平成30年度採用愛知県職員(通訳(英語))募集案内

  1.応募資格

(1)年齢及び資格免許

 昭和33年4月2日以降に生まれた人で、(2)の語学資格要件を満たしている人(学歴は問いません。)

(2)語学資格要件

 通訳案内士(英語)試験に合格している人、又は実用英語技能検定(英検)1級若しくはTOEIC L&R 900点以上相当(注1)の語学力を有する人

(注1)他の試験結果で同等の語学力が証明できれば応募可とします。その場合は「外国語学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠(以下「CEFR」 という。CEFRは、Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessmentの略。)」のC1レベルと同等の試験結果によるものとし、試験例は、「英語4技能試験情報サイト」内にある「2017年度対照表(注2)」に表示されている試験とします。

(注2)2017年度対照表URL http://4skills.jp/qualification/comparison_cefr.html

(3)その他

ア 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当する人は受験できません。

 (以下はその内容です。)

(ア)成年被後見人又は被保佐人(凖禁治産者を含む。)

(イ)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

(ウ)愛知県において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

(エ)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

イ 日本国籍を有しない人の採用後の配置等について

(ア)日本国籍を有しない職員は、公権力の行使又は公の意思の形成への参画に携わる職以外の職に配置されます。

(イ)日本国籍を有しない人は、就職が制限される在留資格の場合には採用されません。

 

2.募集人員

  若干人

 

3.給与等(平成29年4月1日現在)

(1)初任給(大卒の例)

  約204,200円(給料及び地域手当)

(2)職歴などがある場合は、一定の方法により加算されることがあります。

(3)昇給制度あり。

(4)期末・勤勉手当、時間外勤務手当、通勤手当、住居手当、扶養手当等の諸手当がそれぞれ条件に応じて支給されます。

 

4.休日及び休暇

  週休2日制。休暇として年次有給休暇(20日)及び特別休暇(夏季休暇等)があります。

 

5.勤務先等

  原則として、愛知県政策企画局国際課に勤務し、県事業の英語通訳及び翻訳業務並びに県の国際交流業務に従事します。

 

6.応募方法

  封筒に「平成30年度通訳採用希望」と朱書きして、(1)から(3)の必要書類を下記まで送付してください。

  応募の締め切りは、平成29年10月13日(金曜日)〔消印有効〕とします。その後、郵送にて受験案内を発送します。

  受験案内の発送は10月20日(金曜日)頃の予定です。なお、10月25日(水曜日)までに届かない場合は、必ず愛知県総務部人事局人事課に問い合わせてください。

(1)市販の履歴書(JIS規格のものに限ります。自筆で記入してください。)

(2)語学資格の証明書(写し)

(3)自己PR書類(職務経歴、通訳経験等でPRするポイントがあれば、A4用紙1枚程度で提出してください。提出は自由で、様式は問いません。)

<送付先、応募に関する問い合わせ先>

〒460-8501

名古屋市中区三の丸3-1-2

愛知県政策企画局国際課企画・調整グループ

電話:052-954-6180(ダイヤルイン)

 

7.試験日程及び試験内容

(1)第1次試験

 試験日    平成29年11月5日(日曜日)

 試験会場  愛知県自治研修所(名古屋市中区丸の内2-5-10)

 試験内容  教養試験、専門試験(記述式(注3))

 (注3)専門試験は、次の辞書のみ、会場に持ち込み使用することができます。(スマートフォン等は使用できません。)

 ア 紙の英和・和英辞典

 イ 通信機能(インターネット接続やメール送受信機能)がない英和・和英辞書を含む電子辞書

(2)第2次試験(第1次試験合格者に対して実施)

  試験日    平成29年11月28日(火曜日)及び29日(水曜日)

  試験会場  愛知県庁本庁舎(名古屋市中区三の丸3-1-2)又は愛知県自治研修所(名古屋市中区丸の内2-5-10)

  試験内容  面接試験(英語・日本語)、適性試験

   詳細については第1次試験の合格通知によりお知らせします。

 

8.合格発表日及び発表場所

 

区分合格発表日 

発表場所

(合格者の受験番号を掲示します。)

第1次試験平成29年11月15日(水曜日)

愛知県県民相談・情報センター(愛知県自治センター1階)

※ 合格者には郵便で通知します。

第2次試験平成29年12月6日(水曜日)

愛知県県民相談・情報センター(愛知県自治センター1階)

※ 合格者(補欠合格者も含む。)には郵便で通知します。

[注]1 合否について電話による照会には応じておりません。なお、合格発表は愛知県のウェブページでも確認できます。

   2 愛知県県民相談・情報センター(名古屋市中区三の丸2-3-2 地下鉄名城線市役所駅5番出口西100m)での掲示時間は、月~金曜日(祝日を除く。):午前9時から午後5時15分まで、土・日曜日:午前9時から午後4時30分までです。

 

9.採用の時期

  採用は、原則として平成30年4月1日となります。

問合せ

<試験全般に関する問い合わせ先> 
愛知県総務部人事局人事課人事第一グループ
電話:052-954-6030(ダイヤルイン)
E-mail:jinjika@pref.aichi.lg.jp