ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 資格試験 > 平成29年度後期技能検定を実施します

平成29年度後期技能検定を実施します

 技能検定は、働く人達の技能や知識を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度であり、働く人達の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

 合格者には、特級、1級及び単一等級については厚生労働大臣名、2級及び3級については愛知県知事名の合格証書が交付され、技能士という称号が与えられます。

 なお、平成29年度後期試験から35歳未満の若年者が技能検定2級又は3級の実技試験を受ける際の受検料を減免します。

(受検料減免に関する詳細は、こちらを御確認ください。)

 

平成29年度後期技能検定の実施日程等については以下のとおりです。

1 受検申請書配布場所

 愛知県職業能力開発協会愛知県県民相談・情報センター、各県民相談室、各県民センター、新城設楽振興事務所及び愛知県産業労働部労政局産業人材育成課

2 受検申請受付期間

 平成29年10月2日(月曜日)から平成29年10月13日(金曜日)まで(土曜日・日曜日、祝日を除く)

  午前9時から正午まで

  午後1時から午後4時30分まで

3 申請書提出先

 愛知県職業能力開発協会 技能検定課

 〒451-0035 名古屋市西区浅間二丁目3番14号(愛知県職業訓練会館内)

 電話(052)524-2034           FAX(052)325-5788

4 受検手数料

   (1)実技試験
区分受検手数料
学生及び生徒が3級の技能検定を受ける場合

全職種 11,900円

(平成29年4月1日における年齢が35歳未満である者(出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)別表第1の上欄の在留資格をもって在留する者を除く。以下「35歳未満の者」という。)が受ける場合にあっては、2,900円)

その他の場合

全職種 17,900円

(35歳未満の者が2級の技能検定を受ける場合又は35歳未満の者(学生及び生徒を除く。)が3級の技能検定を受ける場合にあっては、8,900円)

 (2)学科試験

   全職種 3,100円

5 試験実施日

  平成29年12月4日(月曜日)から平成30年2月18日(日曜日)まで

  試験日時・会場は受検票で通知します。

6 合格発表日

  平成30年3月16日(金曜日)

7 実施公示

8 その他

 平成29年度後期技能検定から受検申請者は全員、申請時に、以下のいずれかの書類の写し等を本人確認書類として提出する必要があります。

ア 運転免許証、個人番号カード(個人番号が記載されている箇所は黒塗りすること)又はその他の日本の官公庁が発行した身分証明書(氏名及び生年月日が確認できるものに限る。)
イ 特別永住者証明書又は在留カード
ウ 健康保険被保険者証
エ 生徒手帳又は学生証(氏名及び生年月日が確認できるものに限る。)
オ 外国政府が発行した旅券(写真欄及び日本国査証欄)

9 問合せ先

  愛知県職業能力開発協会 技能検定課

  〒451-0035 名古屋市西区浅間二丁目3番14号(愛知県職業訓練会館内)

  電話(052)524-2034           FAX(052)325-5788  

問合せ

愛知県 産業労働部 労政局 産業人材育成課
技能振興グループ
TEL: 052-954-6375
FAX: 052-954-6978
E-mail: jinzai@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)