ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 「2023年技能五輪国際大会招致委員会」が設置され、第1回委員会が開催されました!
ホーム > 教育・子育て > 教育・学習 > 専門校・大学・私立学校 > 「2023年技能五輪国際大会招致委員会」が設置され、第1回委員会が開催されました!

「2023年技能五輪国際大会招致委員会」が設置され、第1回委員会が開催されました!

第1回「2023技能五輪国際大会招致委員会」が開催されました!

 2023年技能五輪国際大会の日本・愛知への招致に向け、「2023年技能五輪国際大会招致委員会」が設置され、去る4月18日(水曜日)、東京で第1回目の委員会が開催されました。
 委員会は、労使団体、技能関係団体、有識者、行政などの31名で構成され、今後、オールジャパン体制で、招致活動や機運醸成に取り組んでいくこととしております。
 冒頭、加藤厚生労働大臣から「国際大会の開催は人材の育成・確保に向けた取組を進める絶好の機会である。愛知県はものづくり産業の中心地であり、国際大会を開催することにより日本の高い技能・技術を世界に発信できる。招致を勝ち取るにはオールジャパンでの取組が必要。招致に向け協力をお願いする。」とあいさつがありました。
 フォト

 委員会では、大村秀章愛知県知事が委員長に選出されるなど、役員人事が決定されました。大村知事からは、「愛知県は製造業の生産額が45兆円で全国トップ。日本・愛知に技能五輪国際大会を招致し、モノづくり、日本のお家芸である付加価値の高い製造業をさらに盛り上げていきたい。開催決定まで1年4か月。オールジャパンで開催を勝ち取りたい。」と招致実現に向け協力を呼びかけました。
 知事

 各委員からは、招致に向けた取組への提言や期待することなどの意見をいただきました。
 タレントの池澤あやかさんからは「技術を磨くことは素晴らしいことなんだということを日本の若者に知って欲しい。日本は技術立国であり、そのアピールを国内外にできるのは大変メリットがある。」、お笑い芸人・千原兄弟の千原ジュニアさんからは「愛知県の形は両手で物をつくっているようであり、形が良い。ものづくりはこの愛知でやるべき。こういう大会があることを微力ながら発信したい。」とのコメントがありました。
 2019年8月の開催地決定まで、オールジャパンで取り組んでまいりますので、皆様、応援、御協力をよろしくお願いします!
 

2023年技能五輪国際大会招致委員会委員名簿 [PDFファイル/117KB]

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)