ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > ~あいち人財力強化プロジェクト~国(厚生労働省)が、2023年技能五輪国際大会の日本・愛知への招致方針を決定しました。

~あいち人財力強化プロジェクト~国(厚生労働省)が、2023年技能五輪国際大会の日本・愛知への招致方針を決定しました。

あいち人財力強化プロジェクトイメージキャラクター「アイチータ」あいち人財力強化プロジェクトイメージキャラクター「アイチータ」

~あいち人財力強化プロジェクト~国(厚生労働省)が、2023年技能五輪国際大会の日本・愛知への招致方針を決定しました。

 愛知県では、2023年技能五輪国際大会の開催招致を目指し、国(厚生労働省)に、本県を開催地とした招致を要請してまいりました。本日、国(厚生労働省)から、別添のとおり本大会を日本・愛知に招致する方針を決定した旨の発表がありましたので、お知らせします。

〇 知事のコメント

      2023年技能五輪国際大会の日本・愛知への招致方針決定を受けての知事コメント [PDFファイル/114KB]

(参考1) これまでの取組と今後のスケジュール(想定)

 これまでの取組と今後のスケジュール

(注)WSIとは、ワールドスキルズインターナショナル(WorldSkills International)の略で、技能五輪国際大会の運営組織。
77か国・地域(2017年8月現在)が加盟(日本は中央職業能力開発協会が加盟。)。
 

(参考2)技能五輪国際大会の概要

 国際的に技能を競うことにより、参加国の職業訓練の振興や技能水準の向上などを図るとともに、青年技能者(満22才以下)の国際交流と親善を目的に、2年ごとに開催。約60ヵ国・地域から約1,200名の選手が参加し、CNCフライス盤、石工、洋菓子製造など50職種程度の競技で技能を競う大会。

(参考3)技能五輪国際大会の最近の開催状況及び今後の予定

 技能五輪国際大会の最近の開催状況及び今後の予定

(参考資料)2023年技能五輪国際大会基本構想(概要版)

(別添)厚生労働省記者発表資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)