ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

航空宇宙産業の振興

航空宇宙産業の振興

 世界の航空機(ジェット機)需要は今後20年で2倍以上になると見込まれるなど、航空宇宙産業は今後、大きな成長が期待される産業です。
 中部地域は、全国の5割の航空機部品を生産するなど、航空宇宙産業の集積が厚く、国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発・生産や次世代旅客機 ボーイング787型機の増産、国産ロケット(H-IIA、H-IIB)の生産・開発などの動きもあります。
 航空宇宙産業は関連する技術分野の裾野が広いため、他産業への技術波及効果が高く、技術の高度化を先導する重要な産業であることから、愛知県では、産学行政の連携による研究開発や裾野を支える中小企業の新規参入、人材育成支援などを推進し、航空宇宙産業クラスターの形成促進に取り組んでいます。

◆アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区

愛知県飛行研究センターの運営

 県営名古屋空港隣接地に整備した「愛知県飛行研究センター」を運営し、産学行政が連携した航空機に関する研究開発を推進するとともに、入居する(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、名古屋空港飛行研究拠点を運営し、実験用航空機「飛翔」を活用した飛行実証実験を行っています。
 また、平成24年2月13日に、愛知県とJAXAとの間で締結した「連携協力協定」に基づき、1.産学行政が連携して推進する研究開発、2.情報発信活動、3.人材育成、4.その他双方が合意する事業について連携協力を図っています。

◆愛知県及び宇宙航空研究開発機構の航空分野に係る連携協力協定の締結について

愛知県飛行研究センターの概観

愛知県飛行研究センターの概観

航空機部品供給システム研究会

 航空機産業の持つ課題やその解決方法について検討するとともに、この地域の中小企業の参入やビジネスチャンスの拡大を支援するために、意欲ある中小企業等を結集して、「航空機部品供給システム研究会」を開催しております。

航空機部品供給システム研究会の概要・会員申込書式

◆第21回航空機部品供給システム研究会(定例研究会)
 ※平成29年3月16日(木曜日)に開催しました。

dainijuikkaikoukukibuhinkyoukyushisutemukenkyukai

講演の様子

 

航空機部品製造認証支援

 航空機固有の認証(Nadcap:ナドキャップ、JIS Q 9100)の円滑な取得を促進するため、助言・指導を行う専門家派遣を行っています。

航空機製造技能基礎研修

 航空機製造人材の育成を図るため、中堅・中小企業の採用間もない社員等を対象として、航空機製造の基礎知識の習得を目的とした研修を実施しています。

航空機生産技術者養成研修

 航空需要の増大を受けた航空機の増産に対応して、航空機製造人材の育成を図るため、航空機製造における生産技術者の実務に関する基礎知識の習得を目的とした研修を実施しています。

海外展開支援

 日本で開催される国際的なビジネス商談会や展示会等の機会を最大限御活用いただくため、県、名古屋市等では「航空宇宙産業販路開拓支援事業実行委員会」を組織し、この地域の航空宇宙分野の中堅・中小企業の商談支援等を行っています。

エアロマートの商談風景

商談の様子

問合せ

愛知県 産業労働部
産業振興課 次世代産業室
 次世代産業第一グループ
電話 052-954-6349(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6943
E-mail: jisedai@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)