ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > 先導的ベンチャー育成支援委託業務の委託事業者を募集します

先導的ベンチャー育成支援委託業務の委託事業者を募集します

先導的ベンチャー育成支援委託業務の委託事業者を募集します

1 事業名

先導的ベンチャー育成支援委託業務

2 事業の趣旨

 本県の製造品出荷額等は昭和52年以来、40年連続全国1位となる一方、今後、データ活用が付加価値の源泉となるSociety5.0の到来や、内燃機関の電動化といった構造的変化が、本県の産業の姿と競争力の位置取りを大きく変える懸念がある。
 県内企業がこれまで培ってきたモノづくりの伝統や技術・技能を活かしつつ、新しいアイデアを持ったイノベーターが持つ活力を推進剤として、イノベーションを次々と起こし、産業の新陳代謝を活発化する必要がある。
 そこで、IoT、AI等によるデータ活用等を行う企業を対象に、個別の短期集中支援や、資金獲得・事業提携等に繋げるための場を提供することにより、新たなビジネスモデルの創出や技術革新を起こすベンチャー企業(スタートアップ)の成功ロールモデルを生み出し、「愛知発スタートアップ」の機運を醸成する。

3 委託内容

 県内・外の、IoT、AI等の革新的技術を有するベンチャー企業(スタートアップ)を誘引し、県内モノづくり企業とのオープンイノベーションを実現するため、アクセラレーションプログラム実施する。
(※)詳細は、先導的ベンチャー育成支援委託業務仕様書による。

4 委託事業実施期間

契約締結日から平成31年3月20日(水曜日)まで

5 委託見積限度額

総事業費 11,157,000円(消費税及び地方消費税込み)

6 応募資格

 応募資格者は、次に掲げる全ての要件を満たす者であること。
(1)財政的基礎が健全に確立されていること。
(2)県税、法人税、消費税及び地方消費税を滞納していないこと。
(3)宗教活動や政治活動を目的とした団体でないこと。
(4)「愛知県が行う事務及び事業からの暴力団排除に関する合意書(平成24年6月29日付け愛知県知事等・愛知県警察本部長締結)に基づく排除措置の対象となる法人でないこと
(5)応募日現在において手形交換所による取引停止処分を受けてから2年間を経過しないものでないこと、また、6か月以内に手形、小切手を不渡りした者でないこと。
(6)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(7)愛知県から、製造の請負、物件の買い入れその他の契約にかかる資格停止措置を提案書受付期間に受けていないこと。

7 応募方法等

(1)提出書類及び募集の詳細
   募集要領のとおり。
(参考様式)
(2)提出期限
   平成30年5月25日(金曜日)午後5時必着
   ただし、郵送の場合は平成30年5月25日(金曜日)午前中必着
(3)提出方法
   持参又は郵送(配達証明に限る)のいずれかとする。
(4)提出先
   〒460-8501
   名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 西庁舎7階
   愛知県産業労働部産業振興課次世代産業室
   次世代産業第二グループ(担当:辻本、岩田)

8 スケジュール(予定)

平成30年5月10日 公募説明会
平成30年5月21日 質問締切(正午まで)
平成30年5月25日 企画提案書の提出期限
平成30年5月下旬から6月上旬 選定委員会開催、受託事業者決定、委託業務開始
平成31年3月20日 委託業務完了

9 問合せ先

〒460-8501
愛知県名古屋市中区三の丸3-1-2
愛知県産業労働部産業振興課次世代産業室 次世代産業第二グループ
電話 052-954-6352(ダイヤルイン)
電子メール jisedai@pref.aichi.lg.jp
 お問い合せは電子メールでお願いします。電話でのお問い合せは受付できません。
 電子メールでのお問い合せの際は、件名(題名)を必ず「先導的ベンチャー育成支援委託業務・質問」とし、様式4に記載し送付してください。
 企画提案書募集に関する質疑の受付期限は平成30年5月21日(月曜日)正午とします。
 なお、問い合わせへの回答については、問い合わせのあった申請者あてに電子メールで回答する他、産業振興課次世代産業室のホームページに掲載しますので、適宜、ご覧ください。
  http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jisedai/

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)