ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > あいちロボット産業クラスター推進協議会 第8回無人飛行ロボット活用ワーキンググループを開催します

あいちロボット産業クラスター推進協議会 第8回無人飛行ロボット活用ワーキンググループを開催します

あいちロボット産業クラスター推進協議会 第8回無人飛行ロボット活用ワーキンググループを開催します

 愛知県では、産学行政が連携しロボットの新技術・新製品を創出し続け、この地域を世界に誇るロボット産業拠点として発展させることを目指し、平成26年11月に「あいちロボット産業クラスター推進協議会」を設立しました。また、無人飛行ロボットの開発・実証実験の実施及び新たなビジネスモデルの可能性を検討することを目的とする「無人飛行ロボット活用ワーキンググループ」を立ち上げ、これまで7回開催してきました。

 この度、下記のとおり第8回目の会合を開催しますので、是非御参加ください。

 平成29年度のワーキンググループでは、主に「農業」における無人飛行ロボットの活用をテーマに活動し、新たなドローンの開発やビジネスモデルを検討しています。

 今回のワーキンググループでは、ドローンを活用した画像解析等に取り組む研究者から、ドローンによって得られた画像からどのような情報が得られるのかについて御講演いただきます。

1 行事名 

あいちロボット産業クラスター推進協議会 

第8回 無人飛行ロボット活用ワーキンググループ

2 日時

平成30年3月1日(木曜日)午後2時から午後4時まで (受付開始:午後1時30分)

3 会場

愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 9階 903会議室

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目‐4‐38

電話:052-571-6131

4 参加対象者

あいちロボット産業クラスター推進協議会の会員

入会方法は以下の協議会WEBページを御覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/sangyoshinko/jisedai/robot/entry.html

5 定員 

70名(申込先着順)

6 内容

(1)講演(発表50分、質疑応答10分)

「ドローン水稲モニタリング―生育診断から収量・タンパク質予測まで―」

   千葉大学 環境リモートセンシング研究センター 特別研究員 濱侃 氏 

(2)講演(発表40分、質疑応答15分)

「UAVを利用して得られた情報から解析できること〜ユーザーの視点から」

   神戸大学大学院農学研究科附属食資源教育研究センター 山崎将紀 氏

    (協力 東京大学大学院農学生命科学研究科 渡辺 翔 氏・郭威 氏)

7 参加費

無料

8 参加方法

参加申込書に必要事項を記入し、以下の申込先まで、E-mail又はFAXにて御提出ください。

(参加証は発行いたしません。定員超過により申込みをお断りする場合以外は、御連絡いたしません。)

9 申込期限

平成30年2月26日(月曜日)(定員になり次第締め切ります。)

参加申込書

参加申込書 [Wordファイル/73KB]