ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 産業振興課次世代産業室 > ロボカップアジアパシフィック2021あいち 優勝チーム等による知事表敬訪問について

本文

ロボカップアジアパシフィック2021あいち 優勝チーム等による知事表敬訪問について

ページID:3740920 掲載日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

【2022年4月1日】 所属替えによる更新

【2021年12月28日】 更新
2021年12月23日(木曜日)に、「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」において優勝・学会賞を受賞した、愛知県内5チームの競技者及び関係者が大会の成果を知事に報告しました。
知事からは、各チームに対するお祝いの言葉と共に、「皆さんがこれまで積み上げられた努力は必ず未来につながっていく。競技を通して学び、協力し合った体験を大きな糧として、さらに上を目指して頑張っていただきたい」と激励の言葉が述べられました。

【2021年12月16日】 発表

知事表敬写真
知事表敬写真
表敬 知事コメント
知事コメント 愛知県立大学
愛知工業大学 海陽学園
たかはま夢・未来塾 豊田高専

ロボカップアジアパシフィック2021あいち 優勝チーム等による知事表敬訪問について

 ロボカップアジアパシフィック2021あいち開催委員会(会長:大村知事)は、11月25日(木曜日)から29日(月曜日)まで、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)等で、「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」を開催しました。オンサイト競技には107チームが参加し、その内、各競技において、愛知県内から出場した4チームが優勝、1チームが学会賞を受賞しました。

 この度、大会成果を報告するため、5チームの競技者及び関係者が、知事を表敬訪問します。

1 日時

2021年12月23日(木曜日) 午後4時45分から午後5時5分まで

2 場所

 愛知県庁本庁舎 6階 正庁

3 来訪者(敬称略) 

(1) 愛知県立大学「RoboDragons(ロボドラゴンズ)」

〈ロボカップサッカー スモールサイズリーグ 優勝〉

【競技者】

安藤 祐太(あんどう ゆうた)      愛知県立大学 大学院 情報科学研究科 1年

坂  一哲(ばん かずとし)        愛知県立大学 情報科学部 情報科学科 4年

我妻 信実(あがつま しんじつ)     愛知県立大学 情報科学部 情報科学科 1年

(2) 愛知工業大学「AIT-Rescue(エーアイティーレスキュー)」

〈ロボカップレスキュー シミュレーションリーグ(エージェント) 優勝〉

【競技者】

岡戸 優樹(おかど ゆうき)        愛知工業大学 大学院 経営情報科学研究科 2年

長谷川 滉(はせがわ あきら)      愛知工業大学 大学院 経営情報科学研究科 2年

上原 温揮(うえはら はるき)      愛知工業大学 情報科学部 情報科学科 3年

【指導教員】

伊藤 暢浩(いとう のぶひろ)      愛知工業大学 情報科学部 教授

(3) 海陽中等教育学校「KORRDET YOCTO(コーデット ヨクト)」

〈ロボカップジュニア サッカーライトウェイト プライマリーリーグ 優勝〉

【競技者】

石川 立宮(いしかわ りく)        海陽中等教育学校 2年

加藤 大河(かとう たいが)        海陽中等教育学校 2年

高橋 浩賢(たかはし こうけん)     海陽中等教育学校 3年

【ロボット部顧問】

山本 文雄(やまもと ふみお)       海陽中等教育学校 教員

(4) たかはま夢・未来塾「Team Takahama K-INGmini(チームタカハマキングミニ)」

〈ロボカップジュニア サッカーライトウェイト セカンダリーリーグ 優勝〉

【競技者】

名倉 稜登(なぐら りょうと)      高浜市立南中学校 3年

神谷  誠(かみや まこと)       愛知県立安城高等学校 普通科 1年

【関係者】

神谷 八千代(かみや やちよ)    たかはま夢・未来塾 理事

杉浦 孝成(すぎうら たかしげ)     愛知県議会議員

(5) 豊田工業高等専門学校「KIKS(キックス)」

〈日本ロボット学会賞 受賞〉

【競技者】

内藤 優星(ないとう ゆうせい)     豊田工業高等専門学校 専攻科電子機械工学専攻 2年

鶴田 泰隆(つるた やすたか)      豊田工業高等専門学校 専攻科電子機械工学専攻 2年

光岡 稜真(みつおか りょうま)     豊田工業高等専門学校 専攻科電子機械工学専攻 2年

【指導教員】

杉浦 藤虎(すぎうら とうこ)       豊田工業高等専門学校 電気・電子システム工学科 教授

4 次第

  1. ロボカップアジアパシフィック2021あいち 成果報告
  2. 知事お祝いの言葉、懇談
  3. 記念撮影

参考

1 ロボカップアジアパシフィック2021あいちの概要

 アジア・太平洋地域の学生を中心とするロボット競技大会。ロボカップは、ロボット工学と人工知能が融合する自律型ロボットの研究及び教育の深化を目的としたロボットの競技大会。アジアパシフィック大会は、ロボカップの裾野を広げることを目的に2017年から毎年開催。今大会は、会場内で行う「オンサイト競技」とインターネットを介して行う「バーチャル競技」を併せて実施。

大会公式キャラクター・ロゴ

大会公式キャラクターあいべえ

大会公式ロゴマーク

(1)日程

2021年11月25日(木曜日)から11月29日(月曜日)まで

(2)会場

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)(常滑市セントレア5丁目10番1号)

※11月29日(月曜日)はデザインホール(名古屋市中区栄3丁目18-1)でシンポジウムを実施

(3)内容

競技:サッカー、レスキュー、@ホーム、インダストリアル、ジュニア、RCAPチャレンジ

シンポジウム:ロボット・AIに関する講演、論文発表

サイドイベント:ロボット展示、子供向けワークショップ 等

2 来訪チームの出場結果

来訪チームの出場結果

所属・チーム名

出場リーグ

出場結果

愛知県立大学

RoboDragons

ロボカップサッカー

スモールサイズリーグ

1位/6チーム

愛知工業大学

AIT-Rescue

ロボカップレスキュー

シミュレーションリーグ

1位/4チーム

海陽中等教育学校

KORRDET YOCTO

ロボカップジュニア

サッカーライトウェイト
プライマリーリーグ

1位/11チーム

たかはま夢・未来塾

Team Takahama K-INGmini

ロボカップジュニア

サッカーライトウェイト
セカンダリーリーグ

1位/18チーム

豊田工業高等専門学校

KIKS

ロボカップサッカー

スモールサイズリーグ

3位/6チーム

日本ロボット学会賞 受賞

※各出場リーグの概要については、ロボカップアジアパシフィック2021あいち公式Webサイトを御参照ください(https://2021.robocupap.org/)。

3 愛知県ロボット国際大会競技チーム強化支援事業について

 「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」において、優秀な成績を収めることを目指す県内チームの活動を支援する事業。専門家による技術指導やロボット関連大会への参加費用の負担などの内容で、2019年度から実施。

 今回、来訪する5チーム中4チーム(RoboDragons、AIT-Rescue、Team Takahama K-INGmini、KIKS)は、本事業の対象チームです。

[特設WebサイトURL] https://www.pref.aichi.jp/site/team-support/