ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > ロボカップ2017名古屋世界大会 ジュニアサッカー部門優勝チームの知事表敬訪問について

ロボカップ2017名古屋世界大会 ジュニアサッカー部門優勝チームの知事表敬訪問について

ロボカップ2017名古屋世界大会 ジュニアサッカー部門優勝チームの知事表敬訪問について

  ロボカップ2017名古屋世界大会が7月27日(木曜日)から30日(日曜日)までの4日間にわたりポートメッセなごやにおいて開催されました。大会には、2,500人を超える競技者が参加し、ジュニアサッカー ライトウェイトプライマリー部門では、愛知県内から出場した「Team Takahama Robots」が優勝しました。

 この度、優勝を報告するため、「Team Takahama Robots」の選手及び関係者が、下記のとおり大村愛知県知事を表敬訪問します。

1  日時

 平成29年8月30日(水曜日) 午前11時から午前11時15分まで

2 場所

 愛知県公館

3 訪問者

【選手】

宮本 圭佑  高浜市立高浜中学二年(たかはま夢・未来塾所属「Team Takahama Robots」)

近藤 諒歩  高浜市立南中学一年 (たかはま夢・未来塾所属「Team Takahama Robots」)

【関係者】

水野 勝教  一般社団法人ロボカップジュニアジャパン理事、愛知工業大学教授

田代  清一  たかはま夢・未来塾 理事長

杉浦 明仁  たかはま夢・未来塾 副理事長・ロボットクラブ担当

内藤 由美  たかはま夢・未来塾 ロボットクラブ担当

杉浦 孝成  愛知県議会議員

杉浦 敏和  高浜市議会議員

 参考 ジュニアサッカーライトウェイトプライマリー

 各チーム2台のロボットで行うサッカー競技で、16チームが出場。

また、ロボットは直径22cm×高さ22cmの円筒形状に収まるサイズと規定されている。

ロボットの重量によって「オープンリーグ」(2.4kg)と「ライトウエイトリーグ」(1.1kg)に分けられる。

11歳から14歳だけのメンバーのチームはプライマリーとなる。

 参考 たかはま夢・未来塾

  学校では体験することのできない様々なプログラムを通して、学ぶ心を養い感性を磨き、これからの高浜や日本を牽引していく人材を育成するための活動を展開している。

 実施講座:ロボットクラブ、発明クラブ、ディベートクラブ等

 理事長  :田代清一

 住所   :高浜市神明町2-18-13

 TEL/FAX:0566-87-7608(たかはま夢・未来塾事務局)

 ホームページ:http://yume-mirai-juku.com/

参考 ロボカップ2017名古屋世界大会開催結果

 来場者数 :約13万人

 出場チーム数:392チーム(うち県内12チーム)

 競技参加者数:2,521人

 参加国数:42か国・地域