ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > あいちロボット産業クラスター推進協議会 第4回総会を開催します

あいちロボット産業クラスター推進協議会 第4回総会を開催します

 愛知県では、この地域を世界に誇れるロボット産業拠点として発展させるため、平成26年度「あいちロボット産業クラスター推進協議会」を設立し、産学行政が連携してロボットの新たな技術や製品を創出していく活動をしています。(会員数456社・団体:平成30年4月末現在)

 この度、以下のとおり第4回総会を開催しますので、お知らせします。

 なお、総会は本協議会の会員を対象としており、同会員については、ロボットの開発又は利用に関心がある企業や大学、団体等の方々を対象として、現在も継続して募集中です。

1 名称

あいちロボット産業クラスター推進協議会 第4回総会

2 開催日時

平成30年5月30日(水曜日)  午後3時から午後4時55分まで

3 開催場所

栄ガスビル 5階 栄ガスホール(名古屋市中区栄三丁目15番33号)

4 参加対象者

あいちロボット産業クラスター推進協議会の会員
入会方法は以下Webページを御覧ください。
(http://www.pref.aichi.jp/sangyoshinko/jisedai/robot/entry.html)

5 内容

(1)開会挨拶 愛知県知事 大村 秀章(あいちロボット産業クラスター推進協議会会長)

(2)講演

  i 「ロボット工学による地域の活性化と大学の役割:ピッツバーグにおける経験」

    カーネギーメロン大学 ワイタカー冠全学教授/

    World Robot Summit実行委員会諮問会議 委員長 金出 武雄 氏

  ii「最先端ロボットAIが起こす製造/物流現場の自動化革命」

    株式会社MUJIN CEO 滝野 一征 氏

   (3)愛知県の施策説明

   「愛知県のスタートアップ支援事業」

    愛知県産業労働部産業振興課 次世代産業室

  

  <金出武雄氏プロフィール>

 主な研究成果には、1981年に発表されたMPEGなど動画像処理におけるもっとも基本的で広く使われているアルゴリズムであるLucas-Kanade法、1995年に最初にアメリカ大陸を横断した自動運転車「Navlab 5」、第35回スーパーボウルで採用された30台以上のロボットカメラで360度の視野の映像を撮影する「Eye Vision」システムなどがある。

 アメリカ工学アカデミー特別会員、アメリカ芸術科学アカデミー会員に選ばれる。

 2016年京都賞先端技術部門、2008年フランクリン財団バウアー賞、2011年ACM/AAAIアレン・ニューウェル賞 、2017年IEEE (米国電気電子学会) Founders Medalなど多数受賞。

  <滝野一征氏プロフィール>

 米国大学卒業後、ウォーレン・バフェット氏の会社として有名な、製造業の中でも世界最高の利益水準を誇るイスカル社に勤務し、生産方法を提案する技術営業として多くの賞を獲得するなど、輝かしい実績を残す。

 2011年に世界的ロボット工学の権威であるデアンコウ・ロセン博士と(株)MUJINを創立し、世界一の産業向けモーションプランニングAI技術をもとに、知能ロボットコントローラ「MUJINコントローラ」を中心とする高付加価値自動化ソリューションを提供している。

 (株)MUJINは、2016年ロボット大賞 経済産業大臣賞、2017年JEITAベンチャー賞、企業家倶楽部チャレンジャー賞「ロボット大国ニッポン革命賞」、2018年Japan Venture Award2018中小企業庁長官賞を受賞。

 

 【参考】 あいちロボット産業クラスター推進協議会の概要

 

  1 目的

 産学行政が連携して、ロボットの研究開発や生産の拠点を形成し、新技術・新製品を創出していくことにより、世界に誇れるロボット産業拠点の形成を目指す。

  2 設立

   平成26年11月

 3 体制

  (1) 会長:愛知県知事

  (2) 事務局:愛知県産業労働部産業振興課次世代産業室

 

  4 主な活動内容

   (1)ロボット産業拠点の形成に向けた方策等の検討等

   (2)ワーキンググループによるロボットの開発や実用化、普及に関する取組

・製造・物流等分野ロボット導入実証ワーキンググループ

 [座長]名古屋工業大学大学院情報工学専攻 教授 梅崎 太造 氏

・医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ

 [座長]国立長寿医療研究センター 理事長 鳥羽 研二 氏

・無人飛行ロボット活用ワーキンググループ

 [座長]大同大学工学部総合機械工学科 講師 橋口 宏衛 氏

 

   5 会員登録状況

 会員数 456社・団体(平成30年4月末現在)

     うち 開発側         127(自動車・ロボット部品製造、ロボット製造、IT 等)

        利用側         121(医療・介護施設、建設業、飲食業、金属加工 等)

        開発・利用側   92(自動車部品製造、金属加工、機械製造、IT 等)

         支援機関       116(産業支援機関、金融機関、行政 等)