ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課 > 「2017愛知環境賞」の受賞者を決定しました ~知事が出席し、表彰式を開催します~

「2017愛知環境賞」の受賞者を決定しました ~知事が出席し、表彰式を開催します~

「2017愛知環境賞」の受賞者を決定しました ~知事が出席し、表彰式を開催します~

〇 愛知県では、資源循環や環境負荷の低減を目的とした先駆的な事例を募集し、優れた取組を表彰する「愛知環境賞」を実施しており、この度、今年度の受賞者を決定しました。

〇 主な受賞団体は次のとおりです。

【金賞】
 ・日本特殊陶業(株)
  セラミックセンサ技術の開発と革新による、世界の自動車の大幅なCO₂ 削減

【銀賞】
 ・(株)紅久商店
  小型家電および金属リサイクル事業における金属とプラスチックの分離をほぼ完全に行う業界初の乾式ライン

 ・矢作川森の健康診断実行委員会
  森の健康診断
  ~市民と研究者と森林ボランティア協働の森林調査と環境教育活動~

【銅賞】
 ・愛知工業大学
  再生可能エネルギーによる発電システムの利活用を考慮したグリーングリッドシステムの構築

 ・(株)三五
  【世界シェア94%】排気未利用熱の再利用技術
   排熱回収器による自動車燃費向上

  <全受賞団体は別紙1のとおり>
〇 表彰式は、知事が出席し、2月16日(木曜日)午後3時15分から、名古屋市中区のローズコートホテルで開催します。
  <表彰式開催概要については別紙2のとおり>
〇 2017愛知環境賞は、2005年の創設以来、13回目の表彰となります。

〇 「愛知環境賞」は、資源の循環や環境負荷の低減を目的とした企業、団体等による先駆的で効果的な<技術・事業><活動・教育>の事例を募集し、優れた取組に対して表彰をするとともに、広く紹介することによって、新しい生産スタイルや生活スタイルを文化として社会に根付かせ、資源循環型社会の形成を促進することをねらいとしています。

〇 今回は、企業、団体等から43件の応募があり、愛知環境賞選考委員会(委員長:架谷昌信(はさたにまさのぶ)愛知工業大学教授)による審査の結果、金賞1件、銀賞2件、銅賞2件、中日新聞社賞1件、名古屋市長賞1件、優秀賞8件の合計15件を選定しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)