ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課 > あいち地域循環圏形成プランを策定しました

あいち地域循環圏形成プランを策定しました

「あいち地域循環圏形成プラン」を策定しました

 愛知県では、本県の持つ自動車産業を中心とした厚い産業集積や、全国有数の農業基盤、豊かな森林資源などの地域ポテンシャルを十分に生かし、これまで培ってきた資源循環の取組を加速・発展させ、県内各地域で「循環の環」が重層的に形成された「地域循環圏」の実現を目指すため、「あいち地域循環圏形成プラン」を策定しました。

 今後は、企業、大学、市町村等の多様な主体と連携を強化し、新たな資源循環モデルの展開や、循環ビジネスの振興支援などにより、「地域循環圏」の形成を進めてまいります。

 

1 計画策定の趣旨・位置付け

 本計画は、愛知県環境基本計画や廃棄物処理計画、循環型社会形成推進基本法との整合性を保ちつつ、平成28年度に目標年次を迎える「新・あいちエコタウンプラン」※1及び「あいちゼロエミッション・コミュニティ構想」※2の成果や理念を継承するものです。

 本県の持つ地域ポテンシャルを十分に生かし、これまで培ってきた資源循環の取組を加速・発展させ、県内各地域で「循環の環」が重層的に形成された「地域循環圏」の実現を目指すため、平成29年度から5年間の取組の方向性や施策を示すものです。

 

2 施策の柱と主な取組

(1)資源循環モデルの新展開

 高度なリサイクル事業などモノづくり循環をリードする取組を促進するとともに、広域的な「循環の環」を先導する循環モデルの展開を推進します。

【新たな広域循環モデル例】

 「地産地消の推進と一体となった食品循環ループの整備」


 食品循環

 

(2)循環ビジネスの振興支援

 「あいち資源循環推進センター」を拠点に、これまでの3Rの推進に加え、地域循環圏づくりに資するような先導的な循環ビジネスを生み出し、事業継続に向けた支援を実施します。

資源循環推進センター

【あいち資源循環推進センター】

 平成18年5月、産学行政の協働拠点として県庁西庁舎1階に開設。環境技術や循環ビジネスについて豊富な知識と経験を持つコーディネーターを配置し、循環ビジネスの事業化相談や各種支援制度の周知など企業の取組をサポート。

(3)人づくりと情報発信の強化

 「あいち環境塾」による職場や地域においてリーダーとなる人材の育成や、最新の循環ビジネス等に関する情報提供・発信等を強化します。

あいち環境塾

【あいち環境塾】

持続可能な社会づくりに向けたリーダーとなる人材の育成を目的に平成20年度から開講。

今年で10年目を迎え、これまでに198名が卒塾し、企業やNPO、行政などの各分野で活躍中。

(4)多様な主体の連携の促進

 事業者間の連携やマッチング支援、地域づくりを担う市町村やNPO、地域住民などを含めた連携・協働を促進します。

 

3 計画の閲覧方法

  以下のURLから閲覧・ダウンロードできます。

  http://kankyojoho.pref.aichi.jp/DownLoad/FileInfo.aspx?ID=8

 

参考

 ※1 新・あいちエコタウンプラン(平成24年10月策定)

 「環境と経済が好循環するモノづくり県のさらなる発展」を目指し、先導的で効果的なリサイクル施設等の設置や、未利用資源の活用によって得られた新たな製品やエネルギーの地域内循環を促進する計画。

※2 あいちゼロエミッション・コミュニティ構想(平成19年3月策定)

 未利用資源やエネルギーを活用する先導的な事業モデルを掲げ、そうした取組を広く普及し、持続可能な社会づくりを目指す構想。