ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築局住宅計画課 > 人にやさしい街づくりの推進に関する条例施行規則の一部改正(案)に対する意見募集の結果について

人にやさしい街づくりの推進に関する条例施行規則の一部改正(案)に対する意見募集の結果について

人にやさしい街づくりの推進に関する条例施行規則の一部改正(案)に対する意見募集の結果について

 人にやさしい街づくりの推進に関する条例施行規則の一部改正(案)について、県民意見提出制度(パブリック・コメント制度)に基づき、県民の皆様から御意見を募集しましたところ、下記のとおり御意見をいただきました。

 御協力ありがとうございました。

1 意見募集期間

 平成25年1月21日(月)から平成25年2月19日(火)まで

2 応募状況

(1)提出方法
郵送  ファクシミリ 電子メール 合計
 0 0 5 5
(2)性別
 男性女性 合計 
 2 3 5
(3)年代別
20代  30代 40代50代  60代70代  不明 合計
 1 0 1 2 0 1 0 5
(4)地域別
名古屋  尾張海部  知多 西三河東三河  県外 合計
 2 2 0 1 0 0 0 5
(5)職業別
 会社員公務員  自営業 自由業 主婦 学生無職 その他  合計
 01 10 0 0 03 5

3 提出された意見の内容と県の考え方

人にやさしい街づくりの推進に関する条例施行規則の一部改正(案)に対する意見の内容及び県の考え方
 意 見 の 内容 県 の 考 え 方 
 車いす使用者用便房の戸について、「出入口の戸は、施錠の操作がしやすく」とありますが、より具体的に「指の不自由な人でも」を追加してはどうか。 「指の不自由な人」が施錠の操作がしやすいことも想定しておりますが、「指の不自由な人」以外の方への配慮も必要であるため、記述しないこととしました。
 2 

車いす使用者用便房の戸について、「出入口の戸は、施錠の操作がしやすく、緊急の場合は外部からも解錠することができ、自動的に開閉する構造その他の高齢者、障害者等が容易に開閉して通過できる構造とし、かつ、その前後に高低差がないこと」の部分に、「開閉する際は、戸の前後に十分な広さも必要」を追加してほしい。

 「その前後に高低差がないこと」は、戸の前後に水平なスペースを確保することも意味しています。
 3 車いす使用者用便房の戸について、「施錠の操作がしやすく、緊急の場合は外部からも解錠することができ、自動的に開閉する構造その他の高齢者、障害者等が容易に開閉して通過できる構造とし、かつ、その前後に高低差がないこと」とあり、「自動的に開閉する構造」が初めに書いてありますが、「容易に開閉して通過できる」が初めにあった方がいいと思います。 「自動的に開閉する構造」は、「容易に開閉して通過できる構造」の例示であり、建築設計標準(国土交通省)の記載に合わせました。
 4 便房内に設ける設備の表示の基準について、「洋式便器及び手すり、乳幼児用いす、乳幼児用ベッド、オストメイト用設備、車いす使用者用便房を設ける場合には、便房の戸にその旨を表示した標識を掲示すること」に「又はその付近」を追加してほしい。 御意見を参考に、「便房の戸又はその付近にその旨を表示した標識を掲示すること」としました。
 5 トイレの戸を開けないとどんな設備があるのかわからないのは難儀なので、便房の戸に設備の内容を表示した標識を掲示することは必要なことです。 基準に賛同いただいた御意見と考えます。
 6 「施行規則改正内容のイメージ」によると、洋式便器および手すりの標識の例示がありますが、何の例示かわかりにくいです。整備基準、マニュアル等には、図案化された、わかりやすいものを使って下さい。 御意見を踏まえ、解説書(第三版)には図案化された、わかりやすいものを使用します。
 7 公園等のスロープや坂道、階段の手すりは、右手でも左手でも握れるように、両側又は中央に設置して歩きやすくしてほしい。 今回の改正において、主要な園路に設ける段及び傾斜路には、手すりを両側に設けることを努力義務として追加しました。
 8 道路、公園及び公共交通機関の施設について、努力義務ではなく遵守義務としてほしい。  「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)に基づく省令」及び「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」における整備水準及び適用範囲を勘案し、公共交通機関の施設については現行通りとし、道路及び公園については新たに追加する基準を努力義務としました。

問合せ

愛知県 建設部 建築局 住宅計画課
街づくり事業グループ
担当:成和
電話:052-954-6590(ダイヤルイン)
内線:2779
E-mail: jutakukeikaku@pref.aichi.lg.jp