ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 愛知県建築物環境配慮制度とは

愛知県建築物環境配慮制度とは

愛知県建築物環境配慮制度とは

制度の概要

 建築主がCASBEEあいちを用いて建築物の総合的な環境性能を評価した結果を「建築物環境配慮計画書」として県に提出し、県では、提出された計画書の審査等を行い、必要に応じて環境性能の向上に向けた指導助言等を行うとともに、これらの手続きが完了した計画書の一部を公表する制度です。この制度を規定した「県民の生活環境の保全等に関する条例」等を平成21年10月1日から施行し、運用しています。
 CASBEEあいちとは・・・・

対象建築物

 計画書提出の対象は、建設地が名古屋市を除く愛知県内にある建築物の新築又は増改築で、床面積(増築又は改築の場合は、当該増築又は改築に係る部分の床面積)の合計が2,000平方メートルを超える「特定建築物」は提出が義務となります。また、床面積の合計が2,000平方メートル以下の「特定外建築物」については任意に計画書を提出できます。

計画書提出等の手続き

 建築物環境配慮計画書を添付図書(評価関係シートの出力及びデータ、図面、根拠資料など)とともに工事着手予定日の21日前までに提出してください。その他、必要に応じて、計画書変更届出書、工事完了届出書、工事取りやめ届出書を提出していただきます。
 愛知県建築物環境配慮計画書は、住宅計画課(県庁本庁舎5階)に持参していただくほかに、郵送による提出も可能です。
 副本については、従来通り住宅計画課(県庁本庁舎5階)に受け取りにきていただくか、希望があれば郵送でも返却します。ただし、郵送をご希望の場合は返信用の封筒を同封してください。(送料は申請者にてご負担ください。)

計画書の一部公表

 計画書の一部(概要)については、愛知県のホームページに掲載して公表します。
 ・愛知県建築物環境配慮計画書の公表
 

指導助言・勧告等

 県は提出された計画書の審査等を行い、建築物にかかる環境への負荷低減を図るために講じようとする措置が「建築物環境配慮指針」(平成21年3月27日 愛知県告示第227号)に照らして不十分(BEEがB+ランク未満の場合など)であると認めるときは、指導又は助言を行う場合があります。また、条例に基づき勧告を行う場合があります。

根拠条例等

問合せ

愛知県 建設部 建築局住宅計画課
建築環境グループ
内線:2786・2787
ダイヤルイン:052-954-6570
E-mail: jutakukeikaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)