ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 「第12回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者が決定しました

「第12回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者が決定しました

平成28年11月28日(月曜日)発表

第12回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト 絵画作品の入賞者が決定しました

 愛知県は、公益社団法人愛知県建築士事務所協会との共催で、「第12回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」を実施しています。

 今回は401点のご応募があり、審査の結果、以下のとおり入賞者が決定しました。表彰式は、平成28年12月4日(日曜日)にTOTOテクニカルセンター名古屋にて行います。

 なお、入賞作品は平成29年2月1日(水曜日)から2月14日(火曜日)まで、愛知県本庁舎・西庁舎において、2月15日(水曜日)から2月28日(火曜日)まで、愛知県青年の家において展示されますので、是非ご覧ください。

入賞者(敬称略)
氏名学校名学年学級
愛知県知事賞水野 花音北名古屋市立師勝中学校2年1組
名古屋市長賞秋田 幸穂名古屋市立愛知小学校6年1組
中日新聞社賞片岡 柚里子美浜町立奥田小学校3年1組
事務所協会賞近藤 蒼依一宮市立木曽川中学校1年5組
小学校低学年の部 優秀賞平尾 磨和稲沢市立稲沢東小学校2年1組
小学校高学年の部 優秀賞松岡 亨志郎岡崎市立矢作北小学校5年4組
中学校の部 優秀賞内藤 ののか一宮市立木曽川中学校1年7組
佳作鈴木 魁津名古屋市立常磐小学校2年4組
佳作片岡 桃子美浜町立奥田小学校5年1組
佳作松本 桃香豊田市立高橋中学校2年6組
愛知県知事賞 入賞作品

愛知県知事賞 入賞作品

表彰式及び展示について  

<表彰式>

  日時:平成28年12月4日(日曜日) 午前10時から午前11時30分まで
  場所:TOTOテクニカルセンター名古屋(名古屋市中村区名駅3-28-12大名古屋ビルヂング)

<展示>

  1. 日時:平成29年2月1日(水曜日)から2月14日(火曜日)まで
    場所:愛知県本庁舎・西庁舎 地下連絡通路(名古屋市中区三の丸3-1-2)
  2. 日時:平成29年2月15日(水曜日)から2月28日(火曜日)まで
    場所:愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2)

審査委員長講評 (愛知県立芸術大学 名誉教授 野田理吉)

 第12回目のデザインコンテストは「みんなの家」「未来のおうち」というテーマで、愛知県内の小中学校の皆さんに、たくさんの作品を応募していただきました。皆さんの作品は、たのしい夢のあふれる作品ばかりで、本当にこんな家があったらきっと楽しいだろう、と想像をかき立てられるものばかりでした。綺麗な花や樹、鳥や動物、昆虫も一緒に生活する、楽しく明るい未来の家の姿が描かれていました。低学年や高学年のお友達は、カラフルで思い切ったアイディアや構図で力強く描いており、中学生の作品は、アイディアに様々な工夫が重ねられ、細部まで緻密に表現された見応えのある重厚な作品ばかりでした。また、今年もエコを考える地球環境に優しい家のデザインを考えた作品も多く見られました。皆さんの広い様々な視点や発想には本当に驚かされました。ソーラーパネル等の技術的な工夫ばかりでなく、普段の生活の中から楽しさや快適さ、家族や友達といる素晴らしさなどを表現した作品が特に目につきました。やさしい家やまち、どこでも好きなところへ移動できる家、本当に明るく楽しそうな未来の生活がのびのびと表現されていました。地球は私たち人類、動物や植物、すべての生きものに取って大切な星です。人や自然と本当になかよくして、美しい夢のある未来を創っていきましょう。

「第12回人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」概要

 子どもたちが住まいやまちづくりを考える機会として、また、県民に住まい・まちづくりへの関心を持っていただく機会として、平成17年度より毎年開催しています。

 応募資格:愛知県に在住・在学の小学生及び中学生
 応募テーマ:メインテーマ「みんなの家」、サブテーマ「未来のおうち」
 応募期間:平成28年7月4日(月曜日)から9月9日(金曜日)まで
 主催:公益社団法人愛知県建築士事務所協会
 共催:愛知県
 後援:名古屋市、愛知県教育委員会、中日新聞社