ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会2017を開催します!

かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会2017を開催します!

かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会2017を開催します!

 かがやけ☆あいちサスティナ研究所では、6月の開所式以降、研究員である大学生40名がパートナー企業・団体10社から提示された環境課題に対して、解決策を検討しています。

 この度、その研究成果を発表する「成果発表会2017 ~考えよう!未来の環境~」を12月3日(日曜日)午後1時から開催します。主な内容は以下のとおりです。

 1 研究員による研究成果プレゼンテーション及び企業・団体からの評価

 2 所長の大村知事から研究員に修了証の授与及び激励コメント

 3 落語家の桂文喬(かつらぶんきょう)氏の特別講演

 

 なお、当日、来場者による投票で最優秀賞を選出し、知事から発表します。

 また、本成果発表会は「第1回 愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」と位置づけて開催するものです。

 参加は無料ですが、事前申込みが必要です。多くの皆様の参加をお待ちしています。応募詳細はWebページをご覧ください。

 

1 日時

平成29年12月3日(日曜日)午後1時から午後5時20分まで

※大村知事の出席は午後4時から午後4時30分まで

2 場所

愛知淑徳大学星が丘キャンパス 2号館6階 講堂(名古屋市千種区桜が丘23)

3 特別講演について

講師:桂文喬(かつらぶんきょう)氏(落語家)

内容:落語家としての活動の他に全国で環境に関する講演を多数行っていることが評価され、環境省から容器包装廃棄物排出抑制推進員〔3R推進マイスター〕を委嘱されている桂文喬さんから、世の中で大切なこと「環境・健康・人間味」をキーワードに、笑い、楽しみながら学べる講座を披露していただきます。

桂文喬氏

 

4 参加募集について

・募集期間 平成29年10月27日(金曜日)から11月30日(木曜日)まで(必着)

・募集人数 300名(要事前申込、先着順)

・参加費  無料

・応募方法 Eメール、はがき又はFAX

【記入事項】氏名(ふりがな)、電話番号又はEメールアドレス、参加人数

【応募先】

Eメール:toroku@sustaina-ken.net 

はがき:〒460-0003 名古屋市中区錦2-12-8御幸本町ビル5F かがやけ☆あいちサスティナ研究所事務局((株)一人計画内)

FAX:052-222-2595

※応募者多数により参加いただけない場合は御連絡します。

※詳細は、Webページを御覧ください。

5 スケジュール及び内容

当日のスケジュール及び内容
時間内容
12時30分開場
13時00分開会
13時05分~15時30分

研究成果発表会
 10チームの研究成果プレゼンテーション
 パートナー企業・団体からの評価

15時30分~16時00分来場者全員による投票
16時00分~16時30分

修了式
 所長の大村知事による修了証授与、激励コメント
 研究員代表による挨拶
 最優秀賞の発表

16時30分~17時15分落語家桂文喬氏による特別講演
17時20分終了

※原則、途中入場はできませんので、開会までには御着席ください。

6 主な参加者

 ・研究所所長 大村知事

 ・研究所顧問 飯尾歩(いいおあゆみ)氏(中日新聞社 論説委員)

 ・研究員   大学生40名(公募により22大学から参加)

 ・パートナー企業・団体10社の代表者等

  イケア・ジャパン(株)IKEA長久手、新日鐵住金(株)名古屋製鐵所、JAグループ愛知、スターバックス コーヒー ジャパン(株)、中部国際空港(株)、(株)デンソー、(株)ナゴヤキャッスル、(株)Mizkan Partners、(株)三菱東京UFJ銀行、名鉄観光サービス(株)   (五十音順)

 ・大学生の研究活動をサポートするファシリテーター10名

 ・一般参加者300名(今回募集)

参考1 かがやけ☆あいちサスティナ研究所とは

 愛知県では、未来のあいちの担い手となる大学生が、グローバルな視点を持って、継続的にエコアクションを実施することを目的に、平成27年度から大学生向けの「人づくり」プログラムとして研究所の活動を推進しています。

 研究所では、大村知事が所長となり、研究員である大学生40名が、4名1チームで10チームに分かれて、パートナー企業・団体10社から提示された研究課題に対して、現場での調査や企業・団体担当者の方とのディスカッションを通して、解決策を企業・団体側に提案するとともに、その成果を広く発信します。

 

概念図

パートナー企業・団体と研究課題
パートナー企業・団体(五十音順)研究課題
イケア・ジャパン株式会社
IKEA長久手
地域の交通環境に配慮した来店方法をお客様に促す取組を検討
新日鐵住金株式会社
名古屋製鐵所
鉄の環境へのやさしさについて、PR方法を検討
JAグループ愛知耕作放棄地の問題を解消する農業と環境が調和する方策を検討
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社私たちの社会貢献活動に共感し行動できる仲間を増やす企画を検討
中部国際空港株式会社サスティナブル空港として、セントレアの屋内を緑で一杯にする企画を検討
株式会社デンソーエコドライブを習得し、社会に普及させる方法を検討
株式会社ナゴヤキャッスル地域とホテルが連携し、「魅力ある“あいち”」を発信できる環境配慮企画を検討
株式会社Mizkan Partners商品や売り場でお客様がミツカンらしい環境配慮を体感できる方策を検討
株式会社三菱東京UFJ銀行環境配慮サービスを若い世代へ普及させてゆくアイデアを検討
名鉄観光サービス株式会社環境に配慮した子ども向けツアーを検討し、実践

参考2 桂文喬氏について

 落語家。大阪府立大学経済学部卒業後、桂文枝に入門。教員免許を取得しており、吉本興業のタレントの中でも博学者として知られています。

 朝日放送落語新人コンクールで見事に優秀賞を受賞。入門10年を迎えたのを機に毎年独演会を開くなど、落語家として活躍する一方で、京都国際会議場で環境問題を語ったことを機に環境問題に関する造詣を深め、環境問題、人権、男女共同参画などをテーマとした講演を毎年全国展開しています。

 日頃の環境問題に取り組む姿勢を認められ、環境省から容器包装廃棄物排出抑制推進員〔3R推進マイスター〕を委嘱されています。

参考3 愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウムについて

 愛知県内の49大学で構成する愛知学長懇話会では、2014年にESDユネスコ世界会議が愛知・名古屋で開催されるのにあわせ、大学をリレー形式でつなぎ、世界会議のテーマを大学生が議論する「ESD大学生リレー・シンポジウム」を開催しました。

 今回、愛知学長懇話会では、世界会議の成果を継承するとともに、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、このリレー・シンポジウムを継承する形で、「愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」を開催することとしました。

 「かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会2017」も大学生が持続可能な社会の実現に向け、パートナー企業・団体の環境課題を研究したものであることから、「愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」の第1回目と位置付けて開催することとし、愛知学長懇話会と連携して多くの大学生の参加を呼びかけます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)