ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 県有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドラインの策定について

県有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドラインの策定について

平成20年3月7日(金曜日)発表

県有施設における農薬・殺虫剤等適正使用ガイドラインの策定について

 愛知県では、「県有施設における農薬・殺虫剤等の適正使用ガイドライン」を策定しました。
 このガイドラインは、県民の安全・安心への関心が高まる中、県有施設における病害虫、ねずみ・害虫等の防除に当たり、農薬、殺虫剤等の薬剤の適正使用を徹底し、施設利用者や周辺住民等に健康被害が生じないよう配慮する取り組みを、県が率先して推進することとするものです。
 また、県内市町村等へもこのガイドラインの普及・啓発に努めていきます。

このガイドラインの概要については次のとおりです。

1 薬剤の適正使用に係る主な配慮事項

  1.  日ごろから、病害虫、ねずみ・昆虫等の発生予防や早期発見等に努めます。
  2.  病害虫、ねずみ・昆虫等の防除を実施するに当たっては、物理的防除などを優先し、定期的に薬剤を使用することはしません。
  3.  薬剤を使用する場合は、薬量、処理区域等について十分な検討を行い、まず、薬剤散布以外の方法を優先して行います。
  4.  薬剤を使用する場合は、施設の利用者や周辺住民等に対して、日時、作業方法等について十分な周知に努めます。

2 周知・啓発

 県有施設における農薬、殺虫剤等の薬剤の適正使用を図るため、施設の管理者、病害虫等防除の責任者、薬剤使用者等を対象に、研修会等を実施し、このガイドラインの周知徹底をはかります。
 また、県内市町村等へもこのガイドラインの普及・啓発に努めます。

問合せ

愛知県 環境部 環境活動推進課
環境リスク対策グループ
担当:高林、塚本
内線:3025、3026
電話:052-954-6212

愛知県 健康福祉部 健康担当局 生活衛生課
環境衛生・検査管理グループ
担当:堀田、小島
内線:3258、3259
電話:052-954-6299

愛知県 農林水産部 農業経営課
環境・植防グループ
担当:伊藤、飯田
内線:3664、3665
電話:052-954-6411

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)