ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > あいち森と緑づくり事業 ~環境保全活動・環境学習の支援~

あいち森と緑づくり事業 ~環境保全活動・環境学習の支援~

NPOや市町村等が行う、自発的な森と緑の保全活動や環境学習を支援します

~あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業~ 

公募関係情報 (平成28年度の募集は終了しました。)

平成28年2月17日(水曜日)

平成28年度に実施する企画提案事業を募集します!

募集内容

1 事業主体

  愛知県内に活動の拠点を置くNPO、ボランティア団体、農業協同組合、漁業協同組合、森林組合、自治会、私立学校、市町村等

2 募集期間

  平成28年2月17日(水曜日)から3月16日(水曜日)午後5時30分まで

3 提出書類及び部数

  「あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業実施計画書」 3部

  なお、様式は本ページ下部にある「関連資料」からダウンロードできます。

4 提出場所

  主な事業実施場所を所管する東三河総局又は県民事務所(名古屋市内の取組は県庁)に持参又は郵送してください。(募集期間の末日までに必着のこと。)

募集の詳細な内容については、本ページ下部にある「関連資料」を参照してください。

応募に必要な書類

「実施要領」中の「あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業実施計画書(別記様式1)」

・No.1(5ページ)

・No.2(6ページ)

・No.3(7ページ)

・No.4(8ページ)

・No.5(9ページ)

・No.6(10ページ)

・団体の会則又は規約

・団体の役員等名簿(氏名、読み仮名、性別及び生年月日を記載したもの)

・団体の活動実績(団体の広報誌などを添付)

・土地の所有者、管理者等の承諾書(「環境保全活動」で、事業実施者が土地所有者、管理者等と異なる場合)

事業の概要

NPO、ボランティア団体や市町村など多様な主体が行う自発的な森と緑の保全活動や、日常生活の中で次第に失われつつある森林とのふれあいなどを体験・学習する機会の提供を通じて森と緑を社会全体で支えるという機運を醸成する環境学習について、「あいち森と緑づくり税」を財源として交付金を交付して支援します。

取組のイメージ
対象となる取組

交付対象事業

取組内容

環境

保全

活動

1 森・緑の育成活動事業

里地・里山や水辺等において、多様な生態系の保全や、ふれあいの場の創出など、健全な緑を保全・育成するため継続的に実施する事業

 

例:間伐・除伐・下草刈り、植樹、森林バイオマス(薪炭、堆肥など)の利用、野生動植物の保護及びその生息生育空間の保全、技術指導・指導者養成 等

2 森・緑の育成活動の取組立ち上げ事業

上記1の取組を新たに立ちあげるために必要となる事業

 

例:里山整備計画作成、保全活動協定締結 等

環境

学習

3 水と緑の恵み体感事業

森林の水源涵養機能や人を始めとした生物が享受している緑による水の恩恵を学ぶ事業

 

例:水源の緑を訪ねる現地見学や生活体験を通して水と緑の恵みを学ぶエコツアー 等

4 森林文化の体験・学習事業

山村と都市の交流を通して地域の森林文化を体験・学習する事業

 

例:森林保全等で活動している河川上流域のNPO等が培ってきた文化等を生かした学習メニューに基づく環境学習講座 等

5 森林生態系保全の学習事業

森林生態系の保全の大切さや手法を学ぶ事業

 

例:体験型環境学習(森林作業体験、間伐材の利活用、自然観察会、工作教室など)、森林生態系の保全に関する講座 等

6 太陽・自然の恵み学習事業

地球温暖化の防止やヒートアイランド現象の緩和に役立つ緑(植物)の生育を通じた太陽や自然の恵みを学ぶ事業

 

例:緑のカーテンなど植物(緑化)の生育実習と環境学習講座の開催 等

7 独自提案による環境保全活動・環境学習事業

上記の1~6に該当しない、創意工夫を凝らした独自の生物多様性に関連した環境保全活動・環境学習事業

関連資料

関連資料

問合せ

(取りまとめ)
愛知県 環境部 環境活動推進課
調整・環境配慮行動グループ
電話:052-954-6241(ダイヤルイン)
E-mail: kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)