ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境活動推進課 > 「もりの学舎まつり」を開催します!

「もりの学舎まつり」を開催します!

「もりの学舎まつり」を開催します!

 愛知県では、愛・地球博記念公園内の環境学習施設「もりの学舎(まなびや)」で、名古屋キワニスクラブ(※1)の協賛を得て「もりの学舎まつり」を開催します。
 当日は、「キッズインタープリター(※2)の自然体感プログラム」や自然の中で子どもたちが自分で遊びを考える「森のあそビバ!」、「もりのコンサート」など多くのプログラムを実施します。
 また、「キッズインタープリターの自然体感プログラム」に参加した方、先着200名に記念品を御用意しています。
 参加費は無料で、事前申込不要です。皆さんの御参加をお待ちしています。
 
※1 名古屋キワニスクラブとは
 キワニスクラブは、子どもたちのための奉仕活動を展開するアメリカに本部のある団体です。名古屋キワニスクラブは日本におけるキワニスインターナショナル加盟クラブとして昭和41年1月24日に発足し、以来、社会奉仕団体として、様々な寄附や表彰事業を行っています。
※2 インタープリターとは
 自然に触れる体験を通して、自然の魅力やメッセージを楽しく伝える人のこと。

1 日時

平成30年3月18日(日曜日) 午前11時から午後3時30分まで

2 場所

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内 もりの学舎及びその周辺
〒480-1342 長久手市茨ケ廻間乙1533-1

3 内容

(1)キッズインタープリターの自然体感プログラム(11時10分~14時50分)
 「もりの学舎キッズクラブ」(※3)の小学校4年生から6年生のメンバーがキッズインタープリターとなり、自ら企画した自然体感プログラムを実施します。プログラムは「木いっぱい」、「いきものいっぱい」、「楽しさいっぱい」の3種類で、1回20~30分間のプログラムを、それぞれ6回ずつ実施します。
 ※3 もりの学舎キッズクラブとは
 もりの学舎での身近な自然とのふれあいや生活に密着した環境学習を通して、小学校1年生から6年生までの子供たちに自然や環境の大切さを学んでもらうため、愛知県が企業や団体と連携して実施している取組です。

(2)森のあそビバ!(11時10分~15時30分)
 もりの学舎のインタープリターと一緒に、広場や森で参加者が自分達で考えた遊びを実施します。ひみつ基地づくり、火おこし、木工クラフトなど、自由に遊ぶことができます。

(3)もりのコンサート(14時~14時30分)
 豊田市を拠点に活動する「おかりーな・フレンズ」による、子ども向けの曲を中心とした演奏会です。子どもたちも体を動かして楽しめる曲も演奏します。

(4)その他の行事
 もりの学舎内において「もりの学舎キッズクラブ」の写真展を実施します。

※ 詳細は、このページ下部のちらし及び下記Webページを御覧ください。
  もりの学舎 http://kankyo-gakushu-plaza.pref.aichi.jp/manabiya/

※ 雨天の場合は、プログラムの内容を一部変更することがあります。。

昨年の様子1      昨年の様子2

4 記念品

「キッズインタープリターの自然体感プログラム」に参加された方、先着200名様に記念品をプレゼントします。

記念品: 動物柄のルーペ、オリジナルポストカード

 

動物柄のルーペ          オリジナルポストカード

5 問合せ先

もりの学舎 電話 0561-61-2315(午前9時~午後5時)
  休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、次の火曜日が休館日)
(1)雨天の場合は、プログラムの内容を一部変更することがあります。
(2)イベント当日に御不明な点がございましたら、もりの学舎(0561-61-2315)にお問い合わせください。(午前9時以降)

6 ちらし

<参考>

もりの学舎(まなびや)とは
 愛知万博で実施された環境学習プログラムを継承する、モリコロパーク内にある愛知県の環境学習施設です(平成19年3月開館)。
 環境に関する様々な展示を行っているほか、この施設を運営している「特定非営利活動法人もりの学舎自然学校」が、土日・祝日を中心に、「インタープリターと歩くもりのツアー」など各種環境学習プログラムを実施しています。

(もりの学舎案内)
・リニモ(東部丘陵線)「愛・地球博記念公園」駅下車
 【徒歩の場合】
  公園北入口から約30分
 【園内バス(無料)利用の場合】
  「地球市民交流センター」バス停から「もりの学舎(フィールドセンター)」バス停まで25分
・お車の場合
 南駐車場から徒歩5分

 愛・地球博記念公園内図 [PDFファイル/114KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)