ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健医療局健康対策課 > インフルエンザの発生状況について

インフルエンザの発生状況について

 インフルエンザは、毎年12月上旬から1月に流行が始まり、1月から3月にかけて流行します。

 普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れます。

 また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。

 なお、本県では平成27年/28年シーズンは、A 型(AH1pdm09、AH3)及びB 型(山形系統、ビクトリア系統)インフルエンザウイルスが確認されています。 

インフルエンザ注意報・警報

愛知県の状況

感染症発生動向調査

 

 今シーズンを含め過去5シーズンの週別のインフルエンザ患者数の推移をグラフ化したものです。

過去5シーズンの週別インフルエンザ患者数推移

※県内の定点医療機関数:195

政令市、中核市のインフルエンザ発生状況

政令市・中核市の発生状況は以下のページをご覧ください。

名古屋市(インフルエンザ情報)

豊橋市(インフルエンザのホッ!と情報)

岡崎市(インフルエンザ、集団かぜの発生状況)

豊田市(インフルエンザ)

全国の状況

関連リンク

愛知県インフルエンザ情報ポータルサイトへ戻る

愛知県インフルエンザ情報ポータルサイトへ戻る