ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

あいち健康の森

あいちの健康は「あいち健康の森」から

「あいち健康の森」とは

 愛知県は、来るべき超高齢社会に向けて、「長生きしてよかった」と思えるあいちづくりを進めています。そのために必要な、県民の健康づくりの実施や健康づくりのための技術の創出や適切な医療、福祉技術開発のための拠点となっているのが、「あいち健康の森」です。

  「あいち健康の森」は、名古屋市の南側に位置する大府市と東浦町にまたがる約80haのエリアに「健康づくり」「医療」及び「福祉」の専門施設が集積しており、各施設が互いに連携・協力することにより、各施設の機能を最大限に活かし、「健康長寿あいち」の実現を進めております。

 

あいち健康の森の役割

 愛知県の人口は、2015年頃をピークとして徐々に減少し、高齢者の割合が大きく増加する超高齢社会を迎える見込みですが、社会活力を持ち続けるためには県民の方々の持つ健康などの能力や個性の発揮が必要であります。

 こうしたなかで、愛知県は、県民の方々の幸せのためには、これからの高齢社会の主人公となる高齢者の方々を始め、全ての県民の方々が「健康で長寿であること」が重要であると考え、平成18年3月「健康長寿あいち宣言」を発表し、「長生きしてよかった」と思えるあいちづくりを進めています。

 この「健康長寿あいち宣言」を実行していくために必要な、県民の健康づくり、早期の疾病の発見ができるための技術の創出や適切な医療、福祉技術開発のための拠点が「あいち健康の森」です。

 あいち健康の森では、「あいち健康プラザ」、「国立長寿医療研究センター」、「あいち小児保健医療総合センター」及び集積している関連施設が連携・協力し、先駆的医療技術の開発を行うとともに、これらの創出技術を全県民の「健康の創出」のために活かしています。

健康日本21あいち計画イメージキャラクターエアフィー

あいち健康の森の地図

「あいち健康の森」の地図 英語版

問合せ

愛知県 健康福祉部 健康担当局 健康対策課
健康長寿あいち推進グループ
電話:052-954-6269(ダイヤルイン)
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)