ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 麻しん(はしか)の予防について

麻しん(はしか)の予防について

麻しん(はしか)の予防について

麻しん(はしか)の流行について

 全国的に麻しん患者報告が増加しています。麻しんについては、平成27年3月27日付けで、世界保健機関西太平洋地域事務局により、日本が麻しんの排除状態にあると認定されましたが、その後も渡航歴のある人や、その接触者からの麻しん患者の発生が散見されています。愛知県でも平成28年の麻しん患者報告が5件ありました。

1 麻しんについて

 麻しんは、麻しんウイルスによる急性の感染症です。麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています。

 一般的な経過では、感染後10日~12日経って発熱(38度前後)とともに咳、鼻水、くしゃみ、結膜の充血などの症状を示し、その後に高熱(39.5度以上)とともに発疹が現れます。患者の一部は肺炎や神経系の症状を合併し、まれに死亡したり、後遺症を残すなど重篤化する場合があります。

2 麻しんの予防について

 麻しんの予防としては、ワクチン接種がもっとも有効な方法です。

 ▽以下の方は予防接種法に基づく定期予防接種対象者です。早めに予防接種を受けましょう。(無料)

 【第1期】 生後12か月以上24か月未満の方

 【第2期】 小学校就学前の1年間にある方

 

 ▽以下の方についてもご自身を守るために予防接種をご検討ください。(有料)

 予防接種歴や麻しん罹患歴が明らかでない方

 麻しん流行地域(フィリピン等)へ海外渡航される方

3 関連情報

問合せ

愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
感染症グループ
電話:052-954-6272(ダイヤルイン)
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)