ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > セアカゴケグモに気をつけましょう

セアカゴケグモに気をつけましょう

セアカゴケグモに気をつけましょう

 セアカゴケグモは、熱帯・亜熱帯などに分布するクモで毒を持っています。沖縄県以外の日本では発見されていませんでしたが、平成7年に大阪府内で初めて発見され、その後、各地で確認されています。
 愛知県内では、平成17年8月19日に中部国際空港敷地内で初めて発見されました。
 また、平成20年5月に、一般の県民が利用する施設(愛西市内の公園)で、初めて多数のセアカゴケグモが発見されました。

 セアカゴケグモは、側溝の内部や、その網蓋のすき間等を好みますので、注意してください。

咬まれた時は・・・

 咬まれた時は、針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれた場所が腫れたり、熱く感じたりします。
 症状のピークは3~4時間で、数時間から数日で軽快しますが、時に脱力感、筋肉痛、頭痛などの全身症状が現れることがありますので、医療機関で治療を受けることが必要です。

クモに咬まれないために

  • セアカゴケグモを見つけても、素手でさわったり、捕まえたりしないでください。
  • 屋外での作業には軍手などの手袋を使用しましょう。
  • クモの生息しそうな場所は、こまめに清掃したりして、クモが住みにくい環境を作りましょう。
  • 市販の家庭用殺虫剤を直接噴霧したり、靴で踏みつぶせば駆除できます。

セアカゴケグモの概要

セアカゴケグモの写真

《愛知県衛生研究所 撮影》

セアカゴケグモの写真

《愛知県津島保健所 撮影》

形態

○雌

 成体の雌は体長(脚を含まない。)が約1cm、形態的には、脚が長く、腹部が球形で大きい。
 光沢のある黒色又は暗褐色を基調とし、腹部の背面に赤色の"砂時計"様、又は"鼓(つづみ)"様の模様がある。

○雄

 成体の雄は体長が約3~5mm、腹部は白色を基調として2本の黒い縦縞がある。

生態

 熱帯地方を中心に分布するクモで、毒を持っています。
 沖縄県以外の日本では発見されていませんでしたが、平成7年(1995年)に大阪府内で初めて発見され、その後、三重県等でも見つかっています。

生息場所

 巣を作り、繁殖するために、日当たりがよく暖かい場所、昆虫などのエサが豊富な場所、適当な隙間がある場所、を好みます。
例えば、

  • 側溝の内部や、その網蓋のすき間
  • フェンスの基部
  • 花壇のブロックの内部
  • 墓石のすき間
  • 自動販売機やエアコン室外機などの機器と壁とのすき間

などがあります。

習性

 基本的におとなしく、攻撃的ではありません。脅かされると死んだふりをして動かなくなることがあります。ただし、素手でさわったり、捕まえたりしようとすると、咬まれることがあります。

 

 さらに詳しい情報については、愛知県衛生研究所のページ「毒グモ(セアカゴケグモ)について」をご覧ください。

愛知県セアカゴケグモ発見状況

平成17年8月19日以降に愛知県内で報告されたセアカゴケグモ発見状況

お知らせ

  • 愛知県では、セアカゴケグモ等の駆除は実施しておりません。

 

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

セアカゴケグモに関するご相談は、最寄りの保健所で受け付けております。

なお、名古屋市豊橋市岡崎市豊田市にお住まいの方は、各市の保健所にご相談ください。