ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

循環器疾患のページ

循環器疾患対策事業について

循環器疾患とは

 循環器とは血液の循環をつかさどる器官で、代表的な循環器疾患としては、脳梗塞や脳内出血の「脳卒中」と急性心筋梗塞などの「心疾患」があります。

対策事業について

 愛知県では、平成5年2月から「脳卒中登録事業」を、また、「脳卒中」に「心疾患」を登録対象に加えた「循環器疾患登録事業」を平成13年1月から実施し、県内の循環器疾患者の発症状況を把握するとともに、発症者の生活習慣の情報をあわせて収集・解析することにより、予防対策を推進してきました。

 しかし、平成20年度から特定健康診査等が開始されたことに伴い、平成21年度をもって「循環器疾患登録事業」を終了し、平成22年度からは特定健康診査等のデータ分析の中で循環器疾患についても動向を把握し、対策等を行うこととしました。

循環器疾患登録事業の集計結果について

 本県では、主要な死因の一つである循環器疾患(脳血管疾患及び心疾患)の発症状況等について把握するため、平成13年1月から県内の医療機関の協力を得て、「循環器疾患登録事業」を実施しておりました。(平成21年度で終了)
 このたび、平成21年分の発症状況や生活習慣との関連等について取りまとめましたので結果を報告します。
 平成21年における循環器疾患登録者数(循環器疾患にかかった人のうち届出のあった人)は、男性4,781人、女性2,986人、合計7,767人でした。循環器疾患は、喫煙、食事や運動等の日常生活と深く関わっていることから、本事業では循環器疾患の発症状況と併せて、患者の生活習慣も登録項目としておりました。登録者のうち、男性の約4割、 女性の約1割が喫煙者であり、また、週1から2回以上の運動習慣のある者の割合は1割程度と、男女とも運動習慣のある者の割合が低い結果となっています。

平成21年集計結果

平成21年集計結果

平成21年にご協力いただいた医療機関

 21年(1月~12月)は、下記の医療機関から届出をいただきました。
 ご協力ありがとうございました。

平成21年協力医療機関

過去の集計結果

平成20年集計結果

平成19年集計結果

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)