ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 予防接種について

予防接種について

トピック

 平成28年10月1日から、新たにB型肝炎が定期予防接種の対象となりました。

 対象者
 平成28年4月以降に生まれた方で、生後1歳に至るまでの間にある方
 ※HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、B型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンの併用)を受けた方については定期の予防接種の対象者から除きます。
 

 接種回数
 27日以上の間隔で2回
 更に初回接種から139日以上を経過した後に1回

目次

1 予防接種の概要

2 定期予防接種対象疾病ごとの特記事項
  (1) ポリオの予防接種について
  (2) 麻しん(はしか)について
  (3) 風しんについて
  (4) 日本脳炎の予防接種について
  (5) BCGについて
  (6) インフルエンザの予防接種について

3 任意の予防接種について

4 予防接種に関する相談について

5 子宮頸がん予防ワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について

6 関連リンク

1 予防接種の概要

 予防接種は、疾病への感染予防、発病の防止、症状の軽減、病気のまん延の防止などを目的として、予防接種法に基づいて行われています。
 現在、予防接種法で定められている定期の予防接種は、以下のとおりです。

 定期の予防接種の実施主体は市町村ですので、接種方法等、詳しくはお住まいの市町村へお尋ねください。

定期の予防接種
A類

ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核 、Hib感染症、小児の肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症、水痘、B型肝炎

B類インフルエンザ 、高齢者の肺炎球菌感染症

 それぞれの予防接種には、接種を行う年齢が法律で定められています。対象者や方法は次表のとおりです。

 上記以外にも、任意接種(費用は自己負担となります)として、おたふくかぜ、ロタウイルス感染症などの予防接種を受けることができます。

定期の予防接種(A類疾病)
対象疾病ワクチン対象者標準的な接種期間回 数間 隔接種量方 法
ジフテリア
百日せき
破傷風
急性灰白髄炎(ポリオ)
沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン(DPT-IPV)又は
沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(DPT)又は
不活化ポリオワクチン(IPV)
1期初回
生後3月から生後90月に至るまでの間にある者
生後3月に達した時から生後12月に達するまでの期間3回20日以上0.5ml皮下
1期追加
生後3月から生後90月に至るまでの間にある者
1期初回接種(3回)終了後12月に達した時から18月に達するまでの間隔をおく1回1期初回接種(3回)終了後、6月以上0.5ml
沈降ジフテリア破傷風混合ワクチン(DT)2期
11歳以上13歳未満の者
11歳に達した時から12歳に達するまでの期間1回0.1ml
麻しん
風しん
乾燥弱毒生麻しん風しん(MR)混合ワクチン、乾燥弱毒生麻しんワクチン又は乾燥弱毒生風しんワクチン1期
生後12月から生後24月に至るまでの間にある者
(1歳児)1回0.5ml皮下
2期
5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者
(幼稚園等の年長児)1回0.5ml
日本脳炎乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン1期初回
生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
3歳に達した時から4歳に達するまでの期間2回6日以上(3歳以上)
各0.5ml
(3歳未満)
各0.25ml
皮下
1期追加
生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
4歳に達した時から5歳に達するまでの期間1回1期初回接種終了後6月以上(3歳以上)
各0.5ml
(3歳未満)
各0.25ml
2期
9歳以上13歳未満の者
9歳に達した時から10歳に達するまでの期間1回0.5ml
結核BCGワクチン生後1歳に至るまでの間にある者生後5月に達した時から生後8月に達するまでの期間1回所定のスポイトで滴下経皮
Hib感染症乾燥へモフィルスb型ワクチン初回接種の開始時に生後2月から生後7月に至るまでの間にある者初回
生後12月に至るまで
3回27日(医師が必要と認めるときは20日)以上各0.5ml皮下
追加
初回接種終了後、7月以上
ただし、生後12月までに3回の初回接種を終了せずに生後12月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回
1回
初回接種の開始時に生後7月から生後12月に至るまでの間にある者初回
生後12月に至るまで
2回27日(医師が必要と認めるときは20日)以上
追加
初回接種終了後、7月以上
ただし、生後12月までに2回の初回接種を完了せずに生後12月以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回
1回
初回接種の開始時に生後12月から生後60月に至るまでの間にある者1回
小児の肺炎球菌感染症沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン初回接種の開始時に生後2月から生後7月に至るまでの間にある者初回
生後24月に至るまで
ただし、2回目の接種が生後12月を超えた場合、3回目の接種は行わない
3回27日以上各0.5ml皮下
追加
初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降において1回
1回
初回接種の開始時に生後7月から生後12月に至るまでの間にある者初回
生後24月に至るまで
2回27日以上
追加
初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降において1回
1回
初回接種の開始時に生後12月から生後24月に至るまでの間にある者2回60日以上
初回接種の開始時に生後24月から生後60月に至るまでの間にある者1回
ヒトパピローマウイルス感染症組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子13歳となる日の属する年度の初日から末日まで3回2回目:1回目の接種から1月以上

3回目:1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上
0.5ml筋肉内
組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン13歳となる日の属する年度の初日から末日まで3回2回目:1回目の接種から1月以上

3回目:2回目の接種から3月以上
 
水痘乾燥弱毒生水痘ワクチン生後12月から生後36月に至るまでの間にある者

※経過措置として平成26年10月1日から平成27年3月31日までの間、生後36月から生後60月に至るまでの間にある者を対象に、定期接種として1回接種する。
1回目
生後12月から15月に至るまで

2回目
1回目接種終了後6月から12月に至るまでの間隔をおいて1回
2回3月以上各0.5ml皮下
B型肝炎組替え沈降B型肝炎ワクチン1歳に至るまでの間にある者生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間2回27日以上各0.25ml皮下
1回第1回目の接種から139日以上
定期の予防接種(B類疾病)
対象疾病ワクチン対象者回数接種量方法
季節性インフルエンザインフルエンザHAワクチン・65歳以上の者
・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する者
(毎年度)
1回
0.5ml皮下
高齢者の肺炎球菌感染症23価肺炎球菌多糖体ワクチン・平成26年度から平成30年度までの間は、経過措置として、前年度の末日(3月31日)に各64歳、69歳、74歳、79歳、84歳、89歳、94歳、99歳の者(各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる者)
・平成26年度は、平成25年度末日(3月31日)に100歳以上の者(平成26年度101歳以上となる者)。
・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有する者
・平成31年度からは65歳の者(予定)
1回0.5ml筋肉内又は皮下

2 定期予防接種対象疾病ごとの特記事項

(1) ポリオの予防接種について

不活化ポリオワクチンの導入

 急性灰白髄炎(ポリオ)の予防接種は、経口生ポリオワクチンが使用されてきましたが、平成24年9月1日から不活化ポリオワクチンに切り替えられました。

○不活化ポリオワクチンの接種方法など

 ■接種方法が変わります。

  生ポリオワクチンは経口接種(口から飲む)でしたが、不活化ポリオワクチンは皮下接種 (皮下に注射)です。

 ■4回(初回3回、追加1回)の接種が必要です。

  生ポリオワクチンは、2回接種でしたが、不活化ポリオワクチンは、4回の接種が必要です。

  海外や国内で任意接種として既に不活化ポリオワクチンを1~3回接種されている方については、不足分の接種を受けることができます。

 ■初回接種は生後3か月から12か月の間に受けましょう。

  標準的な初回接種の接種年齢は、生後3か月から12か月です。

  生後90月(7歳6か月)に至るまでの間であれば、過去に生ポリオワクチンの接種を受けそびれた方も、不活化ポリオワクチンの定期接種を受けていただくことが可能です。

 ■不活化ポリオワクチン導入前(平成24年8月末までに)に、1回目の生ポリオワクチンを接種した方は、2回目以降は不活化ポリオワクチンの接種を受けることになります。

  生ポリオワクチンを1回接種した方は、平成24年9月以降に不活化ポリオワクチンを3回接種することになります。

  生ポリオワクチンを2回接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種は不要です。

 ■さらに、平成24年11月に、4種混合ワクチン(DPT-IPV)が導入されました。

  平成24年11月1日に、ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオの4種混合ワクチン(DPT-IPV)が導入されました。

  ポリオとジフテリア、百日せき、破傷風について、同時に予防接種を行う場合は、沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン(4種混合ワクチン、DPT-IPV)を注射します。

  ただし、単独の不活化ポリオワクチンで接種を開始した場合は、原則として、途中から4種混合ワクチンに切り替えることなく、単独の不活化ポリオワクチンを接種してください。(ジフテリア、百日せき、破傷風の予防接種は、3種混合ワクチン(DPT)を使用)

 ◇厚生労働省ポリオワクチンのホームページ

 

(2) 麻しん(はしか)について

 麻しんについては、近年、周期的な流行はみられたものの、その患者数は減少傾向を示していましたが、平成19年春に関東地方で大学生や高校生を中心とした流行があり、多くの学校で休校措置等が行われるなど社会的な問題となりました。

 現在の10代及び20代には、麻しんワクチンが未接種で、かつ麻しんに罹患していない者が一定数いますし、また、1回目のワクチン接種で免疫を獲得できなかった者も5%程度存在すること、さらには自然感染による免疫増強効果の機会の減少などにより発症予防に十分な抗体を保有していない状態となっていたことが、先の流行の原因と考えられています。

 麻しんの予防対策としては、ワクチン接種がもっとも有効な手段であることから、ワクチン未接種者かつ麻しん未罹患の方は、早めに予防接種をしましょう。(接種歴の確認については母子健康手帳で確認ができます。また、医療機関で麻しんの抗体価を検査してもらう方法もあります。)

 また、世界保健機関(WHO)では、日本を含む西太平洋地域において、2015年度までに麻しんを排除する目標を定めています。
 そのためには、高い予防接種率の達成・維持が必要であり、2回接種率95%以上が目標とされています。
  接種の詳細については、お住まいの市町村へ問合せください。

全国の麻しん流行状況(国立感染症研究所)
愛知県の麻しん流行状況(愛知県衛生研究所)
麻しん・風しんの予防接種方法(愛知県衛生研究所)

(3) 風しんについて

 風しんは麻しんに比べると感染力や症状が比較的軽い病気ですが、妊娠初期の妊婦さんが風しんウイルスに感染すると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅延等の先天性風しん症候群(CRS)児が出生する確率が高いことが知られています。

 そのため、妊娠可能な年齢の方で、風しんに対する抗体がない場合は、あらかじめ予防接種を受けることが勧められます。

 この場合、予防接種法に基づく予防接種ではないので、任意接種となり、費用も自己負担となります。

 平成16年8月には、厚生労働省の研究班が「風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言」をとりまとめました。

 この中に、妊婦への感染波及を抑制するため、予防接種を受けることが望ましいと考えられる対象者が次表のとおり示されています。

 なお、妊婦の方は予防接種を受けられませんのでご注意ください。

風しんの予防接種を受けることが望ましいと考えられる対象者

1

妊婦の夫、子供及びその他の同居家族

2

10代後半から40代の女性(ことに、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い者)

3

産褥早期の女性

 ※産褥期:分娩後母体が妊娠前の状態にもどるまでの6~8週間

 以上の対象者のうち、風しんに対する抗体価が十分であると確認できた者以外の方は、任意での予防接種を受けることを御検討ください。 

 愛知県内の風しん患者報告数は、平成24年には98人、また、平成25年には、前年の4倍近くの375人でした。

 患者のほとんどが成人であり、とくに、20~40代の男性が多く、女性は20~30代に多い状況です。

 現在の患者報告数はピークの時期から減少しましたが、依然として患者報告があり、今後も十分な注意が必要です。

 

■関連情報
   ●「風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言」(国立感染症研究所)

 ◇風しんについて(厚生労働省)

   ●風しんについて

 ◇感染症の話 (国立感染症研究所)

   ●風しん

   ●先天性風しん症候群

 ◇麻しん・風しんの予防接種方法(愛知県衛生研究所)

(4) 日本脳炎の予防接種について

 日本脳炎の定期予防接種については、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年5月より積極的勧奨を差し控えていました。このため、平成7~18年度に生まれた方は平成17年~21年度に日本脳炎の予防接種の機会を逃していることがありますので、お住まいの市町村の案内にしたがって接種を行ってください。

 日本脳炎の定期予防接種については、厚生労働省や国立感染症研究所のホームページに掲載されています。 

 ◇日本脳炎の予防接種についてのご案内(厚生労働省)

 ◇日本脳炎について(国立感染症研究所)

 

(5) BCGについて

 乳幼児が結核にかかると粟粒結核や髄膜炎のような重症な結核になりやすいです。
 BCG接種をすると、結核発病の恐れが半分以下になり、結核の重症化の防止に有効と言われています。
 結核については、(公財)結核予防会結核研究所、愛知の結核のホームページに掲載されています。

(公財)結核予防会結核研究所

愛知の結核

(6) インフルエンザの予防接種について 

インフルエンザについては、65歳以上の方及び60歳以上65歳未満で心疾患等のある方を対象として、平成13年11月7日から法に基づく予防接種となりました。

今シーズンのインフルエンザワクチンについては下記のページをご覧ください。

インフルエンザの予防について

3 任意の予防接種について

 予防接種には、定期の予防接種の他に、B型肝炎、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、ロタウイルスなど任意の予防接種もあります。いずれも、その疾病を予防したり、重症化を防ぐために有効な予防接種です。接種を希望される場合は、お近くの医療機関又はかかりつけ医にお尋ねください。

  [参考]平成25年3月末まで市町村が行う、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチン(以下、「子宮頸がん等ワクチン」)に対して、基金からの補助事業を実施しました。(平成25年3月末で終了)


 平成24年度子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進基金事業の実施状況は、以下のとおりでした。

4 予防接種に関する相談について

 愛知県では、あいち小児保健医療総合センターを愛知県の予防接種センターとして指定しています。予防接種センターでは、予防接種を行うのに注意が必要な方、海外渡航のために予防接種が必要な方などの予防接種の実施、予防接種に関する医療相談、情報提供を行っています。
 予防接種について何か分からないことがありましたら、どうぞ問合せください。

保健室:電話0562-43-0500 内線4041
e-mail : hoken_center@mx.achmc.pref.aichi.jp

 ◇愛知県予防接種センターのページへ

5 子宮頸がん予防ワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について

 県では、子宮頸がん予防ワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口を設置しています。

相談窓口のページ

6 関連リンク

問合せ

愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
感染症グループ
電話:052-954-6272(ダイヤルイン)
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)