ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 予防接種の広域化について

予防接種の広域化について

予防接種の広域化について

1 愛知県広域予防接種事業について

(1) 概要

 予防接種法に定められた定期の予防接種は、市町村が実施主体となり、お住まいの市町村と契約した医療機関等において実施されています。

 そのため、かかりつけの医療機関がお住まいの市町村以外にある場合やお住まいの市町村以外の社会福祉施設に入所している場合等、予防接種を受けることが困難な場合があります。

 予防接種機会の拡大を図るため、平成26年4月1日から愛知県ではA類疾病の予防接種が広域化され、対象者はお住まいの市町村以外の医療機関(県内の協力医療機関)でも予防接種を受けられるようになりました。

 また、平成28年4月1日からB類疾病(インフルエンザ、高齢者用肺炎球菌)も広域予防接種事業の対象となりました。

(2) 対象者

  愛知県内に住民登録があり、以下のいずれかに該当する方が対象となります。
  1. お住まいの市町村以外にかかりつけ医がいる方
  2. お住まいの市町村以外の病院等で長期に入院治療を要し、お住まいの市町村で予防接種を受けることが困難な方                   
  3. 里帰り出産、家庭内暴力等のため、お住まいの市町村以外での予防接種を希望する方
  4. 高齢者施設等に入所のため、お住まいの市町村以外での予防接種を希望する方
  5. その他お住まいの市町村長が対象者と認めた方

(3) 対象予防接種

  対象の予防接種は次のとおりです。

A類疾病
  1. 百日せき、ジフテリア、破傷風(三種混合(DPT))ワクチン
  2. ジフテリア、破傷風(二種混合(DT))ワクチン
  3. ポリオワクチン
  4. 百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオ(四種混合(DPT-IPV))ワクチン
  5. 麻しん、風しん混合(MR)ワクチン
  6. 麻しんワクチン
  7. 風しんワクチン
  8. 日本脳炎ワクチン
  9. BCGワクチン
  10. ヒブワクチン(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチン)
  11. 小児用肺炎球菌ワクチン
  12. 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)
  13. 水痘ワクチン
B類疾病
  1. インフルエンザワクチン
  2. 高齢者用肺炎球菌ワクチン

2 問い合わせ先

 広域予防接種での接種を希望される方は、事前に手続が必要です。お住まいの市町村の予防接種担当窓口にお問い合わせください。
 広域予防接種についての詳細は、公益社団法人愛知県医師会のホームページをご覧ください。