ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 県内のPTA連絡協議会と連携し、「乳がん予防推進連携講演会」を開催しました。

県内のPTA連絡協議会と連携し、「乳がん予防推進連携講演会」を開催しました。

「乳がん予防推進連携講演会」を開催しました。

 乳がんは、女性がかかるがんの中で最も多く、特に40代から50代の年齢層に多いですが、30代後半から罹患率の上昇が見られます。しかし、この世代の女性は仕事や子育てに忙しく、自分の健康を顧みる十分な時間を確保できないのが現状です。

 そこで、愛知県では、今年度から、PTA連絡協議会と連携し、PTA活動のなかで乳がんの正しい知識をお伝えする機会を提供する取組を始め、みよし市と海部地区において、「乳がん予防推進連携講演会」を行いました。

 両講演会では、愛知県がんセンター中央病院乳腺診療科の吉村章代先生、石黒淳子先生から、乳がんに関する正しい知識を分かりやすくお伝えいただきました。近年、乳がんに罹る女性が増えていることを、統計データに基づきご説明いただき、乳がんが女性にとって身近な病気であることを実感できました。また、乳がんになりやすいリスクとして、飲酒や喫煙、閉経後の肥満など、普段から気をつけられることがあること、自分で乳房を視て、触ってチェックする「自己触診」で気をつけるポイントなども、具体的に教えていただきました。遺伝性乳がんの情報や乳がんの治療法などについても、最新の動向をお伝えいただき、乳がんについて幅広く学ぶことができました。

 みよし市の講演会では、みよし市健康推進課の木暮かをり保健師からみよし市の乳がん検診の実施状況や受診方法などをお伝えいただきました。検診の予約から受診までの流れ、精密検査が必要となった場合の対応などがよく分かり、「検診を受けよう」と思われた参加者の方に、役立つ情報をお伝えできました。

 海部地区の講演会では、検診受診に役立てていただくよう、対象地区の乳がん検診の実施状況をまとめた一覧表を配布しました。

乳がん予防推進連携講演会inみよし

開催日時 平成26年10月19日(日)午後1時30分~午後3時20分

開催場所 みよし市役所3階研修室

主催  愛知県・みよし市・みよし市小中学校PTA連絡協議会

参加者  みよし市小中学校PTA会員70名

開催内容 

・講演「乳がんから、自分の命を守るために~知ろう、触ろう、診てもらおう~」

 愛知県がんセンター中央病院 乳腺診療科医長 吉村章代先生

・検診紹介「乳がん検診~みよし市の現状~」

 みよし市健康推進課 保健師 木暮かをり氏

【参加者の声~アンケートより~】

・自己検診でチェックしながら、健康管理に気をつけて、気になれば早く病院で受診するようにしたいです。2年ごとに必ず、検診を受けようと思いました。

・検診の大切さを知りました。検診までの流れがよく分かりました。

 

みよし市の講演の様子

吉村章代先生の講演

みよし市の講演の様子

木暮かをり保健師の講演

海部地区PTA指導者研修会~乳がん予防推進連携講演会~

開催日時 平成26年11月5日(水)午後2時~午後4時

開催場所 愛西市文化会館3階大研修室

主催  愛知県・海部地区小中学校PTA連絡協議会

参加者  海部地区小中学校PTA 母親代表等 59名

開催内容 

講演「正しく知ろう、乳がん!」

愛知県がんセンター中央病院 乳腺診療科 医師 石黒淳子先生

【参加者の声~アンケートより~】

・自己触診の方法がよく分かりました。今日、早速お風呂でやってみます。

・検診に行ったことがなかったので、お話を聴いて、検診を受けたいと思いました。

 

海部地区の講演会の様子

石黒淳子先生の講演

乳がん自己触診模型の展示~協力:アフラック~

 両講演会では、愛知県がん対策推進連携企業である「アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)」のご協力により、乳がん自己触診模型の展示を行いました。

 

乳がん触診模型の展示の様子

乳がん触診モデル展示の様子

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp