ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > デング熱についてお知らせします

デング熱についてお知らせします

デング熱について

 平成26年8月、約70年ぶりにデング熱の国内感染事例があり、東京を中心に160名もの患者が発生しました。

 愛知県内での感染事例は確認されていませんが、蚊の発生する季節は予防対策をとりましょう。

1 デング熱について

(1)概要

  • 蚊が媒介するデングウイルスによる感染症で、アジア、中南米、アフリカ等の世界の広範な地域で流行しています。

(2)感染経路

  • 患者を吸血した蚊が他のヒトを吸血することでウイルスが感染します。
  • 日本では、ヒトスジシマカが媒介します。
  • ヒトからヒトに直接感染することはありません。

(3)症状

  • 潜伏期間は2日から15日と言われており、多くは3日から7日で発症します。(潜伏期:ウイルスを持つ蚊に刺されてから、症状が出るまでの期間)
  • 突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹等が現れます。
  • まれに重症化し、出血やショック症状を発症することがあります。
  • ウイルスに感染しても症状が出ないこともあります。
  • 予後は比較的良好です。

(4)治療方法

  • 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。
  • 具体的には水分補給や解熱剤(アセトアミノフェンなど)の投与等です。ただしアスピリン(出血傾向等を助長)及びイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(胃炎あるいは出血を助長)は使用すべきではありません。

2 デング熱の予防方法について

  • デング熱に有効なワクチンは無いため、蚊に刺されないことが唯一の予防方法です。

(1)県民の皆様へ

ア 蚊を増やさない対策

  • 蚊(ヒトスジシマカ)は、小さな水たまりで産卵します。
  • 屋外に放置された、おもちゃ、植木鉢の皿、じょうろ、空き缶、タイヤなどに水が溜まらないように管理しましょう。
ヒトスジシマカの発生場所

出典:国立感染症研究所

イ 蚊に刺されない対策

  • 屋外では、長袖、長ズボンを着用するなど肌の露出をなるべく避けてください。
  • 虫よけスプレー等を使用し、蚊を寄せ付けない工夫をしましょう。
  • 室内の蚊の駆除を心掛けましょう。

(2)公園や墓地を管理する方へ

  • 蚊の幼虫の発生源をなくすため、空き缶やタイヤなどの廃棄物は撤去してください。
  • おけ、花立て、ビニールシートなどに水が溜まらないように管理してください。
  • 雨水マスや排水マスは、定期的に点検して詰まりをなくしてください。
  • 草刈りや樹木の剪定を実施し、蚊の成虫が潜む場所を減らしてください。

(参考)県内でのデング熱患者の発生状況

県内でのデング熱患者の発生状況(平成26年12月31日現在)

平成21年

平成22年

平成23年

平成24年

平成25年

平成26年

6人

21人

9人

13人

14人

11人

※なお、報告事例はすべて海外での感染によるものです。

3 関連情報

●デング熱について(厚生労働省)

●デング熱とは(国立感染症研究所)

問合せ

愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
感染症グループ
電話:052-954-6272(ダイヤルイン)
E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp