ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 平成26年度版「がん対策に関する施策の実施状況報告書」(愛知県がん対策白書)について

平成26年度版「がん対策に関する施策の実施状況報告書」(愛知県がん対策白書)について

平成27年5月29日(金曜日)発表

平成26年度版「がん対策に関する施策の実施状況報告書」(愛知県がん対策白書)について

 愛知県がん対策推進条例は、がん対策に関する県の責務等を明らかにするとともに、がんの予防及び早期発見の推進、がん医療の充実その他のがん対策に関する施策の基本となる事項を定めることにより、がん対策に関する施策を総合的かつ計画的に推進することなどを目的として平成24年10月に制定されました。

 同条例第16条第2項で、「県は、毎年、がん対策に関する施策の実施状況に関する報告書を作成し、これを公表するものとする。」と定めており、この規定に基づき、平成26年度版「がん対策に関する施策の実施状況報告書」を作成しました。

 県民の皆様にがん対策に関する理解を一層深めていただくよう、この報告書を公表します。

報告書の主な内容

・がん対策に関する施策実施状況の概要

<主要な取組事項について>

  1 がんの予防に関する取組

  2 がんの早期発見に関する取組

  3 がん医療の充実のための取組

  4 女性特有のがんに係る対策

  5 小児がん患者の復学支援の取組

  6 働く世代へのがん対策

  7 がん患者・家族に対するピア・サポートの推進

  8 がん患者・家族に対する情報提供

  9 がん罹患状況を把握する取組

・がん対策に関する施策の実施状況に係る進行管理について

 

 

  平成26年度における重点的な取組としては、「3 がん医療の充実のための取組」において、厚生労働大臣指定のがん診療連携拠点病院として、従前から指定されていた15か所(都道府県がん診療連携拠点病院1か所、地域がん診療連携拠点病院14か所)に加え、新規で2か所の地域がん診療拠点病院(半田市立半田病院、がんセンター愛知病院)を推薦し、平成27年4月1日から4年間の指定がされました。

また、厚生労働大臣指定病院に準じる病院として、愛知県が独自に指定している愛知県がん診療拠点病院についても、従前から指定していた7か所に加え、新規で名古屋市立西部医療センターを指定しました。(別添報告書3頁参照)
指定病院一覧

医療圏

国指定のがん診療連携拠点病院

県指定の愛知県がん診療拠点病院

指定期間

H27.4.1~H31.3.31

H27.4.1~H31.3.31

全医療圏

愛知県がんセンター中央病院

名 古 屋

国立病院機構名古屋医療センター

名古屋大学医学部附属病院

地域医療機能推進機構中京病院

名古屋市立大学病院

名古屋第一赤十字病院

名古屋第二赤十字病院

名古屋掖済会病院(H27.4.1~H28.3.31(*))

名古屋記念病院

中部労災病院(H27.4.1~H28.3.31(*) )

名古屋市立西部医療センター(新規)

海  部

愛知県厚生連 海南病院

尾張東部

公立陶生病院

藤田保健衛生大学病院

愛知医科大学病院

尾張西部

一宮市立市民病院

尾張北部

小牧市民病院

春日井市民病院

知多半島

半田市立半田病院(新規)

西三河北部

愛知県厚生連 豊田厚生病院

トヨタ記念病院

西三河南部東

愛知県がんセンター愛知病院(新規)

西三河南部西

愛知県厚生連 安城更生病院

刈谷豊田総合病院

東三河南部

豊橋市民病院

(*)名古屋掖済会病院と中部労災病院は、「愛知県がん診療拠点病院指定要領」の整備要件の一部を満たさなかったため、既指定病院の経過措置を適用し、1年間の指定としております。

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)